ヴォクシー80系煌の前期と後期の違いは?

ヴォクシーにはメッキ加飾などを施した特別仕様車「煌」があって、初代から先代の3代目まで、何度も投入され、高い人気を集めてきました。

先代の80系ヴォクシーでも数度にわたって投入されましたので、もし中古車で購入を考えておられるなら気になるところかもしれません。

また、現在80系ヴォクシー煌に乗っておられる方も、違いを知りたいとお思いかもしれません。

ここでは、ヴォクシー80系の中で、煌はどのように投入されたのかを説明したうえで、前期と後期でどう違うのか、エクステリア、インテリア、装備に分けてチェックしていきましょう。

ヴォクシー-記事一覧

ヴォクシー80系 煌はどのように投入されたの?

まず、ヴォクシー80系で煌はどのように投入されたのかを説明しておきましょう。

  1. 前期モデルでは?
  2. 後期モデルでは?

前期モデルでは?

最初に、ヴォクシー80系前期モデルで煌はどのように投入されたのかです。

  • 2014年1月20日 フルモデルチェンジ
  • 2014年11月20日 特別仕様車「ZS “煌”」発売
  • 2016年7月6日 特別仕様車「ZS “煌2″」、「HYBRID ZS”煌2″」発売
  • 2017年7月3日 マイナーチェンジ(煌の販売も終了)

特別仕様車の性格上、フルモデルチェンジしてからしばらくして投入して、マイナーチェンジが近付くとバージョンアップして販売のテコ入れをするという戦略ですね。

後期モデルでは?

次に、ヴォクシー80系後期モデルで煌はどのように投入されたのかです。

  • 2017年7月3日 マイナーチェンジ
  • 2017年11月24日 特別仕様車「ZS “煌”」、「HYBRID ZS”煌”」発売
  • 2019年1月7日 特別仕様車「ZS “煌2″」、「HYBRID ZS”煌2″」発売
  • 2020年10月1日 特別仕様車「ZS “煌3″」、「HYBRID ZS”煌3″」発売
  • 2021年9月23日 オーダーストップ(新型への移行準備のためで、煌の販売も終了)

後期モデルでは3度にわたって煌を販売していますが、これは2代目の70系でも同じです。

70系でも前期で2回、後期で3回煌を投入しているのです。

ヴォクシー80系煌は前期と後期でどう違う?

では、そんなヴォクシー80系煌は前期と後期でどう違うかです。

ここでは、エクステリア、インテリア、装備に分けて説明していきましょう。

  1. エクステリアの違いは?
  2. インテリアの違いは?
  3. 装備の違いは?

エクステリアの違いは?

まず、ヴォクシー80系煌の前期と後期のエクステリアの違いはどこにあるかです。

画像でチェック!

これは画像を見ていただいた方が早いでしょう。

前期「煌」 前期「煌2」
後期「煌」 後期「煌2」 後期「煌3」

引用元:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/ https://www.goo-net.com/catalog/TOYOTA/VOXY/

前期「煌」のエクステリアの特別装備

このうち、前期「煌」のエクステリアの特別装備は以下のようなものです。

  • フロントグリルのメッキ&ブラックメタリック塗装
  • アウトサイドドアハンドルのメッキ加飾
  • オート電動格納式リモコンドアミラーのメッキ加飾
  • LEDヘッドランプ&LEDクリアランスランプのメッキ加飾
  • バックドア車名ロゴのスモークメッキ加飾

「煌2」では、これに以下の特別装備が追加されました。

  • 高輝度シルバーのフロントグリルモール
  • LEDフロントフォグランプ

フロントグリルのからライトの上にかけての太いシルバーのラインが鮮烈ですね。

後期「煌」のエクステリアの特別装備

後期「煌」のエクステリアの特別装備は以下のようなものです。

  • フードモールの上がブラック、中央と下がメッキの専用デザイン
  • アウトサイドドアハンドルのメッキ加飾
  • バックドアガーニッシュ(車名ロゴ)のダークスモーク塗装
  • オート電動格納式リモコンドアミラーのメッキ加飾
  • Bi-Beam LEDヘッドランプのレンズカバーをブラックに
  • LEDクリアランスランプにメッキエクステンションを採用

「煌2」では、これに以下の特別装備が追加されました。

  • フロントロアグリルの黒艶塗装
  • フロントグリルメッキ&ブラックメタリック塗装

さらに、「煌3」では、これに以下の特別装備が追加されました。

  • クロームメッキと黒艶塗装の2トーンフードモール
  • 面発光のLEDクリアランスランプの採用

「煌3」では、フロントのデザインが大きく変わり、ヘッドランプの形状が円形から角ばったものに変わってシャープになっています。

エクステリアは前期と後期でどう違う?

エクステリアは前期と後期でどう違うかですが、各所のメッキ加飾という方向性は前期も後期も同じです。

前期モデルの最初の煌を除けば、Bi-Beam LEDヘッドランプのレンズカバーのブラック、LEDクリアランスランプのメッキエクステンションなども同じです。

ただ、前期モデルと後期モデルはベースとなるZSのデザイン、特にフロント周りが大きく違っています

フロントグリル、特にロアグリルの形状や、ヘッドランプからフォグランプにかけての造形は全く違います。

同じ傾向の加飾をしていますが、前期と後期の煌は全く違うイメージに仕上がっています。

インテリアの違いは?

次に、ヴォクシー80系煌の前期と後期のインテリアの違いはどこにあなるかです。

前期「煌」のインテリアの特別装備

まず、前期「煌」のインテリアの特別装備は以下のようなものです。

  • フロントインサイドドアハンドルの メッキ加飾
  • マルチインフォメーションディスプレイフードのシルバー加飾

シートや内張りなどの特別装備は無く、エクステリアに比べればおとなしいものですね。

「煌2」では、これに加えて、センタークラスターパネルとサイドレジスターベゼルがピアノブラックに変わりました。

「煌」やベース車のZSはブラックですが、「煌2」はピアノブラックなので艶があって、高級感が漂ってきます。

ZS ZS”煌2”

引用元:http://www.toyota-catalog.jp/catalog/ https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/21818231.html

後期「煌」のインテリアの特別装備

次に、後期「煌」のインテリアの特別装備は以下のようなものです。

  • センタークラスターパネルのピアノブラック塗装&シルバー塗装
  • インサイドドアハンドル(フロント・リア)のメッキ加飾
  • LEDルームランプ

LEDルームランプが採用されたくらいで、前期モデルの煌と比べてそれほど大きな違いはありません。

「煌2」の内装についてはインサイドドアハンドルのメッキ加飾がフロントだけになっったという残念な変更しかありません。

しかし、「煌3」については、以下のような大きな変更がありました。

  • 専用のシート表皮「パーフォレーション付ブランノーブ+合成皮革」の採用
  • 合成皮革巻きドアトリムオーナメント

煌2までは内装面ではベース車と大きな違いはなく、シート地もファブリックでしたがこれが合成皮革になりました。

この専用シート地に合成皮革巻きドアトリムオーナメントをあわせて、ぐっと豪華になりますね。

インテリアは前期と後期でどう違う?

インテリアは前期と後期でどう違うかです。

外装に比べて煌の内装の特別装備はそう大したものではなく、前期、後期とも大きな違いはありません

後期でも「煌3」になるとシート地やドアトリムオーナメントに合成皮革が採用されたのでぐっと豪華になっています。

内装の満足感を考えれば後期「煌3」がおすすめですね。

装備の違いは?

最後に、ヴォクシー80系煌の前期と後期の装備の違いですが、これは一覧表でお示ししておきましょう。

特別装備等 前期 後期
煌2 煌2 煌3
ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア
スーパーUVカットグリーンガラス+撥水機能付(フロントドア)
6スピーカー
リヤオートエアコン
クルーズコントロール(ベース車に標準装備)
パワースライドドア予約機能
「Toyota Safety Sense」のプリクラッシュセーフティに昼間の歩行者検知機能を追加
インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ(静止物))を新たに設定
ナノイー

驚くような特別装備は付いていませんが、必要なものはたいていベース車に付いているので、追加の必要はないのでしょう。

安全装備系やクルーズコントロールはベース車の装備の拡張ですから、装備内容は前期と後期で大きく変わるわけではなさそうです。

まとめ

この記事では、ヴォクシー80系煌の前期と後期の違いをエクステリア、インテリア、装備の3つに分けて見てきました。

インテリアでは後期の「煌3」でぐっと豪華になりますが、基本的にベース車ともそう変わりませんし、前期後期での違いも僅かです。

一方で、エクステリアについては、メッキ加飾という基本は変わらないものの、ベース車が大きくイメージチェンジしているので、煌の違いも大きいものがあります。

どれを選ぶかは好みの問題ですが、前期の方が端正なフォルムであるのに対し、後期は存在感や攻撃性を感じるのは確かですね。

 

ヴォクシーを限界値引きから更に安く購入する方法!

ヴォクシーを新車で購入する時、「出来るだけ安く購入したい!」と思いませんか?

ヴォクシーも安全装備の充実等によりハイブリッドの最上級グレードの車両本体価格が約400万円とかなりの高額になっています。

だからこそ、出金を減らしたいと思うのも無理はありません。

例えば、出金を減らす手段として思い浮かべるものは「値引き」ではないでしょうか?

確かに値引き額が大きくなればなるほど出金を減らすことは出来ます。

しかし、人気車の値引きは各メーカーともに大きくありません。値引かなくても売れますからね。

だからといって、諦める必要はありません。

方法はあるのです。

知っている人は「なんだあの方法か!」と思うかもしれませんが、知らない人にとっては「そんなに違うの?」というものです。

詳細を下記の記事で説明していますので確認してみて下さい。

>> 詳細はこちらからご確認頂けます

一度、知っている方法か確認してみても損することはありませんよ!

 

>>  目次ページに戻る