アルファードの中古を買って後悔しないためには?

アルファードはその豪華さと機能性で多くの注目を集めていますが、中古でアルファードは買わない方がいいと感じるユーザーもいらっしゃるようです。

そんな声も少なくないので、ここでは、まず、どんな理由で後悔しているのかを見ていきます。

資金ショート、頻発する故障、買い時を誤った、思ったより大きくて困っているなどいろんな問題があるはずです。

そして、そのうえで、そんなことにならないにはどうすればいいのかも考えていきましょう。

各項目、具体的なチェックポイントをお示ししていますので、購入の魅惑にばかり目を向けずに、しっかりと事前チェックをこなして、後悔せずにアルファードに乗っていただきたいと思います。

アルファード-記事一覧

  • アルファードを購入する際の一般的な後悔の原因
  • アルファードの中古で後悔しないにためにすべきこと
  • 購入後の資金ショートや故障を防ぐチェックポイント
  • 購入前の試乗の重要性とチェックポイント

目次

アルファードの中古を買って後悔する理由は?

アルファード 中古 後悔

最初は、アルファードの中古を買って後悔する理由にはどんなものがあるのか、説明していきましょう。

  1. ローンや維持費が高くて生活できない(資金ショート)
  2. 高額な故障が頻発する
  3. 車が大きすぎて運転がしづらい
  4. 割高な買い物をしたと気付いた
  5. リセールが思いのほか悪い

ローンや維持費が高くて生活できない(資金ショート)

まず、ローンや維持費が高くて生活できない。極論すれば資金ショートが起こっているという問題です。

アルファードを選ぶ多くの人々は、そのラグジュアリーな魅力に引かれますが、新車や中古車にかかわらず、高い購入コストが必要です。

ローンを利用する場合、その返済は家計に大きな影響を与え、毎月の出費が大きな負担となる可能性があります。

さらにアルファードの場合、維持費も決して低くはありません。

新型アルファードでも燃費は良くはありませんが、特に低年式のアルファードの燃費は現代の車に比べてさらに悪く、燃料コストが高騰する原因となります。

実燃費はカタログ燃費よりもかなり悪化することが一般的で、特に市街地の運転では燃料効率が大きく下がります。

自動車税も排気量に比例して高く、アルファードのような大排気量車では、毎年の税金がかなりの額になります。

加えて、重量税も車検ごとに支払う必要があり、この税金は車の重さに応じて増加するため、アルファードのような大型車では特に高額になります。

タイヤ交換や定期的なメンテナンスも、大型で高級な車特有の部品を使用するため、通常の車よりもコストがかさみます。

さらに、家庭環境の変化も大きな影響を及ぼします。

結婚や出産で生活費が増加し、さらに子供の教育費など新たな出費が発生することも考えられます。

また、残業時間の削減や会社の経営不振などで収入が減少すれば、それまでの生活スタイルを維持することが困難になることもあります。

こうした事情からから、アルファードの維持が家計に過大な負担となるケースも少なくないようなのです。

高額な故障が頻発する

次は、高額な故障が頻発するという問題です。

アルファードはその高級性から、部品や修理にかかる費用が普通より高額になることがあります。

特に以下のような故障は、修理代が高くつくことが一般的です。

エンジン故障

エンジンはそう簡単に故障するものではありませが、故障してオーバーホールや交換が必要になると、費用は数十万円から100万円以上になることもあります。

特にシリンダーヘッドのクラックや、ピストン、クランクシャフトの問題は高額です。

トランスミッション修理

CVTの故障は特に高額で、修理または交換にはリビルド品でも30万円から50万円程度かかることが多いです。

ハイブリッドシステムの故障

駆動用バッテリーの交換が必要になった場合、リビルド品で20万円、新品で40万円程度の出費が予想されます。

インバーター

インバーターの故障は修理費が新品交換なら70万円以上かかりますが、リビルド品なら1/3程度の費用ですむ場合もあるようです。

その他のハイブリッド関連部品

電動モーターや制御ユニットの交換にも高額な費用が必要です。

エアコンシステム

コンプレッサーの交換など、エアコン関連の修理には10万円を大きく上回る費用が必要になることがあります。

サスペンションシステム

エアサスペンションは純正ではありませんが、寿命は短くて故障すると修理費が高く、部品交換には数十万円を要する場合があります。

 

こうした故障が起こるたびに多額の修理費がかかるので、後悔することになるのです。

車が大きすぎて運転がしづらい

次は、車が大きすぎて運転がしづらいという問題です。

アルファードは全長が4メートル近くあり、全幅約1.8メートを超える大きなボディサイズを持っています。

このため、特に狭い道や混雑した市街地での運転は難しくなります。

以下はその大きさによる運転の難しさを具体的に説明します。

狭い道の取り回し

アルファードの幅広いボディは、狭い道では対向車とのすれ違いが困難になることがあります。

特に旧市街地や住宅地の狭い道では、運転には細心の注意が必要です。

駐車場での取り扱い

大型ショッピングモールや公共施設の駐車場でも、アルファードのサイズは隣の車とのスペースを確保するために苦労することがあります。

特に繁忙時間帯にはスペースが限られており、駐車には多くの時間と労力が必要ですし、駐車に時間をかけると他の車に迷惑をかけてしまいます。

Uターン

アルファードのようにサイズが大きい車は最小回転半径が大きく、アルファードの最小回転半径は、30系5.6~5.8m、新型の40系では5.9mに達しています。

一般的に5.5mを超えると取り回しが悪いと言われていますから、アルファードの小回りの利かなさは相当なものです。

それで一番困るのがUターンで、日常的にUターンする方は後悔すると思いますよ。

車の近くの背の低いものが見えない

これはミニバン共通の問題ですが、アルファードのように巨大化すると影響は深刻です。

特に左側方は見えませんから、周囲の障害物に気付かずに車を擦ることもありますし、もっと怖いのは小さなお子さんに怪我をさせかねないことです。

いずれにしても、事故に至らないまでもひやっとしただけで後悔しそうです。

事故リスクの増加

運転が困難であるため、特に初心者や運転に自信のない方にとっては、事故を起こすリスクが高まります。

例えば、誤って歩道に乗り上げる、壁やポールに接触するといった小さなミスから大きな事故につながる可能性もあります。

割高な買い物をしたと気付いた

次は、割高な買い物をしたと気付いたときです。

アルファードはその豪華さと機能性で非常に人気が高い車種ですが、その人気が災いして中古車市場では価格が高騰することがあります。

アルファードは新型が発表されたり、特定のモデルが注目を集めると、その影響で中古市場の価格が一時的に下落することがあります。

購入時には市場を把握していなかったため、価格が高い状態で購入してしまうことがあります。

例えば現在は、半導体不足による新車の納車遅延で市場は高止まりしていますが、沈静化すれば値崩れして、今の価格が割高だったということになる可能性もあるのです。

買う時は適正だと思っても、同じレベルの車がはるかに安い価格で販売されていたら後悔すると思いますよ。

リセールが思いのほか悪い

次は、リセールが思いのほか悪い場合です。

アルファードは一般的にリセールバリューが高いとされていますが、いくつかの要因により実際の売却価格が期待よりも低くなることがあります。

市場状況の変動

経済状況や自動車市場のトレンドが変わることで、中古車の需要が変動します。

特に、燃費性能や新技術が導入された新型車が登場すると、旧型モデルの需要が落ち、リセールバリューが下がることがあります。

また、海外、特にマレーシアで人気のタイプは円安で貿易上の支障のない今であれば順調ですが、急激な円高や交易上の支障が出るとリセールが暴落することもあり得ます。

ボディカラーの影響

一部のボディカラーは市場で人気がないため、市場での需要が低くなりがちです。

たとえば、流行り廃りのあるボディカラーや派手な色などは売却時にマイナス査定を受けることのもあります。

ブラックもホワイトと並んでリセールのいい色なのですが、洗車傷などが目立ちやすく扱いが面倒な色です。

手入れが悪くて傷が目立てばマイナス査定になる可能性があるので、特に屋外保管の場合は注意が必要ですし避けた方が賢明かもしれません。

走行距離と車の状態

アルファードでも走行距離が多い車や、メンテナンスが不十分な車は、リセールバリューが低くなります。

定期的なメンテナンスや適切なケアがされていない車は、売却価格が期待を下回ることが多いものです。

アルファードの中古で後悔しないにはどうすればいい?

アルファード 中古 後悔

ここでは、アルファードの中古で後悔しないにためにはどうすればいいかを、様々な観点から説明していきましょう。

  1. 購入後の資金計画を厳しめに
  2. 低年式、過走行車に起きやすい故障をチェックする
  3. メンテナンスのしっかりした車を選ぶ
  4. 保証の付いた車を買う
  5. 事前の試乗をしっかり
  6. 中古車市場の動向を見て高騰時に買わない
  7. リセール相場の傾向を確認する

購入後の資金計画を厳しめに

まず、購入後の資金計画を厳しめに立てることです。

アルファードの購入を検討する際は、単に車両価格だけでなく、将来にわたるローンの返済額や維持費、あるいは自分の状況を考慮した資金計画が重要です。

具体的にどのように計画を立てるべきか、以下に詳しく述べます。

ローン返済額の把握

購入時に組むローンの月々の返済額を計算し、それが家計に与える影響を事前に評価してください。

月収に対するローン返済の割合が高すぎる場合、生活に無理が生じる可能性があります。

維持費の予算設定

アルファードの維持費には、燃料費、自動車税、保険料、メンテナンス費用などが含まれます。

これらの費用を月々や年間でどれくらい必要かを見積もり、総合的なコストを理解することが必要です。

緊急時の資金準備

車の突発的な故障や事故に備え、予備の資金も計画に含めることが賢明です。

これにより、想定外の出費が発生しても余裕をもって対応できます。

将来の収入変動を考慮する

経済状況の変化による収入の増減を想定し、最悪のケースを考えた計画を立てることも大切です。

特に自由になる資金が限られる場合、余裕を持った計画が求められます。

これらを踏まえた上で、購入後に金銭的なストレスが少なくてすむよう、現実的かつ厳しめの資金計画を立てることが推奨されます。

そうすれば、アルファードを購入しても経済的な問題に悩むことなく、安心して楽しむことができるでしょう。

低年式、過走行車に起きやすい故障をチェックする

次は、低年式、過走行車に起きやすい故障をチェックすることです。

中古のアルファードを購入する際には、特に年式が古く走行距離が多い車両で見られる故障のリスクに注意が必要です。

以下は特にチェックすべき点です。

エンジンとトランスミッションの状態

エンジンやトランスミッションは修理費用が高額になりがちです。

エンジンからの異音、異常な振動、加速時のもたつき、ギアの変速に問題がないかを確認してください。

ハイブリッドシステムのチェック

ハイブリッドモデルの場合、バッテリーやインバーターの劣化が進んでいる可能性があります。

新しいバッテリーへの交換は数十万円単位の出費になることが多いため、事前に状態を確認することが重要です。

サスペンションと足回りの検査

車両の乗り心地や安全性に直結するサスペンションや足回りの部品も摩耗が激しい箇所です。

ひずみや漏れがないか、異音が発生していないかをチェックしてください。

明らかな異常は試乗でもわかるものです。

電子機器の動作確認

中古車では電子機器の故障も見逃せません。

ナビゲーションシステム、エアコン、ウィンドウの開閉、電動シートの動作など、すべての電子機器が正常に機能しているか試してみましょう

外観と内装のチェック

外観の傷やへこみ、内装の摩耗状態も購入の決め手となります。

特にシートやダッシュボードの状態は、車内の総合的な使用感を反映します。

 

これらの点を事前にしっかりと検討し、必要に応じて専門家による詳細な診断を受けることをお勧めします。

これにより、予期せぬ高額な修理費用に見舞われるリスクを減らすことが可能です。

メンテナンスのしっかりした車を選ぶ

次は、メンテナンスのしっかりした車を選ぶことです。

整備記録簿やサービス履歴は、車の「健康診断書」のようなものです。

これらの記録がしっかりしている車は、前の所有者が定期的にメンテナンスを行っており、車が大切に扱われていた証拠にもなります。

たとえば、オイル交換、タイヤの交換時期、ブレーキパッドの交換など、定期的な点検や必要に応じた部品交換が記録されていることが望ましいです。

また、修理履歴が記録されている場合には、どのような故障があったか、どの部分が修理されたかを確認し、将来的なリスクを把握することも重要です。

重大な事故に遭っていないか、大きな損傷の修理歴がないかをチェックすることで、安心して購入することができます。

中古車を選ぶ際は、これらのメンテナンス記録を詳しく見て、将来的に予想されるメンテナンスコストも考慮に入れておくと良いでしょう。

これにより、予期せぬ高額な修理費用に悩まされるリスクを減らすことが可能なのです。

保証の付いた車を買う

次は、保証の付いた車を買うということです。

保証の内容を詳しく把握することは、中古車選びにおいて非常に重要です。

保証があることで、購入後に発生するかもしれない予期せぬ修理費用に対する安心感が増します。

保証期間や保証範囲がどれほどのものか、特定の故障のみか、あるいは何キロメートルまでか、どのような種類の修理が含まれているかなど、細かな部分まで確認しましょう。

保証をフルに活用するためには、保証書の細かな字面をよく読み、どのような場合に保証が利用できるのかを正確に理解しておくことが必要です。

これにより、購入後のトラブルや誤解を避け、安心してアルファードとの生活を楽しむことができます。

事前の試乗をしっかり

次は、事前の試乗をしっかりしてしておくということです。

購入を検討しているアルファードが実際にどのような状態なのかを把握するためには、試乗が非常に有効です。

運転中のエンジンの音、振動、ハンドリングの感覚など、細かい部分をチェックし、運転に違和感がないか体感しましょう。

試乗する際には、具体的な運転シナリオをいくつか設定すると良いでしょう。

たとえば、市街地での低速運転、高速道路での加速性能、急な坂道での力強さなど、普段の使用状況を想定した運転をしてみることが重要です。

これにより、日常的に遭遇するであろう様々な状況下での車の性能を確かめることができます。

また、試乗時には以下の点にも注意してください

  • ブレーキの効き具合とその反応速度
  • ステアリングの反応性と正確性
  • トランスミッションの変速時のスムーズさとタイミング
  • 異音の有無や不審な振動
  • 取り回しや視界

これらをチェックすることで、車の状態をより正確に理解することが可能となります。

試乗は、購入前に車との相性を確かめ、後悔のない選択をするための重要なステップです。

可能であれば、異なる路面や天候条件下での試乗を行うと、より多くの情報を得ることができます。

また、家族と一緒なら後部座席の乗り心地や快適性もチェックできます。

中古車市場の動向を見て高騰時に買わない

次は、中古車市場の動向を見て高騰時に買わないということです。

中古車市場では、年末年始や新生活が始まる春先など、一般的に需要が高まる時期があります。

これらのシーズンには車の価格が自然と高騰する傾向にあり、。逆に、需要が落ち着く夏場や秋口などは価格が下がりやすい時期です。

このように、季節による需要の変動を理解し、高価格時期を避けて購入する戦略を立てることが賢明です。

さらに、新型モデルの発表前後も市場価格に大きな動きが見られることがあります。

新型が発表されると旧型モデルの価格が下がることが多いため、新型の発表予定を事前に調べ、それを見越して購入タイミングを決めることも一つの方法です。

また、経済情勢や自動車業界に影響を与える大きなニュースがあった際も、中古車価格に影響を及ぼすことがあります。

こうした外部環境にも敏感になり、中古車市場の最新の動向を常にチェックすることが大切です。

これにより、適切な時期に適切な価格で車を購入することが可能になります。

リセール相場の傾向を確認する

次は、リセール相場の傾向を確認することです。

まず、リセールの相場の上げ下げを見て、高いようなら売却を考える手もあります。

将来的に車を売却することを考えている場合、リセールバリューの高い車種、グレード、色を選ぶことが重要です。

アルファードは比較的リセールバリューが高い車種ですが、モデルや色、オプションによっては売却時の価格が大きく変わることもあります。

リセールを考えるなら、将来的な売却を見越して、人気のあるモデルや色を選ぶことをお勧めします。

人気のあるカラーとしては、白や黒が挙げられます。

これらの色は時間が経っても流行り廃りが少なく、多くの購入者に受け入れられやすいため、リセールバリューを高める要因となります。

また、限定モデルや特別仕様車も人気があり、特定のコレクターや愛好家から高い評価を受ける可能性があります。

30系アルファードの場合、リセールに影響を与えるのがボディタイプで、エアロボディが人気でリセールが高いようです。

排気量は3.5Lよりも2.5Lが良好です。

ハイブリッド車については、年式が進むと高い修理費用が気になるからか、中古市場ではガソリン車に比べてリセールは良くありません。

さらに、オプション選択にも注意が必要です。

例えば、安全技術に関連するオプションや快適性を高める高級オーディオシステム、アドバンスドパーキングシステムなどは、付加価値として評価されやすいものです。

一方で、過度に個性的なカスタマイズは次の所有者の好みに合わない可能性があるため、リセール価格が下がる原因にもなります。

リセール時の価格を左右するもう一つの重要な要素は、車の状態です。

定期的なメンテナンスと適切な手入れが行われている車は、中古市場でより高く評価されます。

そのため、購入後も車の状態を保ち、記録をしっかりと取っておくことが重要です。

最後に、車を購入する際は、最新の市場動向を確認し、一般的にリセールバリューが高いとされる機能やスペックについて情報を集めることが重要です。

これにより、将来的に車を売却する際に有利な状況を作り出すことが可能となります。

総括:アルファードの中古を買って後悔しないためには?

この記事でお伝えしたポイントを箇条書きでまとめました。

  • アルファードの購入と維持には高額なコストが必要で、家庭の事情変化や収入減少でローン返済が負担になるリスクも
  • 高級車ゆえに、修理や部品交換費は普通車よりも高い
  • 大型車のため、狭い道や駐車が難しい場合がある
  • 中古市場での価格変動が激しく、購入タイミングによっては割高になることも
  • 一部のカラーやオプションはリセール時に不利になることがある
  • 購入前の厳しめの資金計画は必須
  • 購入前の試乗やメンテナンス履歴の確認が重要
  • 高騰時の購入を避け、価格が安定するタイミングを見計らうことが望ましい
  • 車の状態や市場価格を定期的にチェックし、リセール価値を見極める

 

アルファードを限界値引きから更に安く購入する方法!

アルファードを新車で購入する時、「出来るだけ安く購入したい!」と思いませんか?

アルファードも安全装備の充実等により最上級グレードの車両本体価格が約872万円とかなりの高額になっています。

だからこそ、出金を減らしたいと思うのも無理はありません。

例えば、出金を減らす手段として思い浮かべるものは「値引き」ではないでしょうか?

確かに値引き額が大きくなればなるほど出金を減らすことは出来ます。

しかし、人気車の値引きは各メーカーともに大きくありません。値引かなくても売れますからね。

だからといって、諦める必要はありません。

方法はあるのです。

知っている人は「なんだあの方法か!」と思うかもしれませんが、知らない人にとっては「そんなに違うの?」というものです。

詳細を下記の記事で説明していますので確認してみて下さい。

>> 詳細はこちらからご確認頂けます

一度、知っている方法か確認してみても損することはありませんよ!

 

>>  目次ページに戻る