RAV4は女子ウケが良くモテるが女性が運転するにはでかすぎるって本当?

RAV4は硬派なSUVですが、意外なことに女子ウケが良くモテるとも言われています。

ここでは、まず、RAV4は女子ウケが良くモテるというのは本当なのか、その理由はどこにあるのかについて、チェックしておきましょう。

ただ、そんなRAV4も、昔のRAV4をご存じの方にとっては、信じられないくらいに巨大なようです。

さすがにこの大きさになると、女性が運転するにはでかすぎるという評価もあるようなのです。

ここでは、RAV4は女性が乗る、運転するにはでかすぎるのか、でかすぎて女性は運転しにくいと思われているのかを確認し、その理由を掘り下げていきます。

RAV4-記事一覧

RAV4は女子ウケが良くて、もてるのは本当?その理由は?

では、RAV4は女子ウケが良くてモテるのは本当なのでしょうか。

その理由も含めてチェックしておきましょう。

  1. RAV4は女子ウケが良くてモテるのは本当なの?
  2. RAV4は女子ウケが良くてモテる理由は?
  3. カローラクロスやライズも女子ウケするの?

RAV4は女子ウケが良くてモテるのは本当なの?

さて、RAV4は女子ウケが良くてモテると言いますが、本当なのでしょうか。

RAV4の女性比率は25%

トヨタが発表した現行RAV4の発売1か月の受注状況を見てみました(https://global.toyota/jp/detail/12917001)。

それによると、女性比率が約25%となっていて、女性からの支持は高いように思えます。

しかし、別の種類の調査なので単純に比較できませんがハリアーは33%というデータもあるのです。

また、コンパクトSUVのライズの女性ユーザーも3割と言いますから、RAV4は自分が運転する車として女子ウケがいいわけではなさそうです。

「モテる車ランキング」では上位で、男性の乗る車としては女子ウケしている

「モテる車ランキング」(https://ranking.net/rankings/moteru-cars)というものがあって、ドライブデートや普段遣いで女子に人気の高い車のことなのですが、ここではRAV4は19位なのです。

1位はポルシェ 911、2位はGT-Rと言えば19位の凄さがわかると思います。

国産SUVでこれより上は ランドクルーザープラド、ランドクルーザー、CX-5の3つしか無いのですから。

ハリアーがすぐ下の20位ですから、女性は都会的な洗練よりも本格的なSUVが好みなのかもしれませんね。

隣に乗せてもらう車という意味で、RAV4の女子ウケはなかなかのようです。

RAV4は女子ウケが良くてモテる理由は?

RAV4は女子ウケが良くてモテる理由はどんなところにあるのでしょうか。

男らしさ、ワイルドさを感じる

ハリアーが洗練された車で、一般的には圧倒的なモテ車と言われています。

そんな中で、RAV4が評価されるのは、クロスオーバーSUVでありながら本格SUVのような見た目、雰囲気を持っていることで、実際4WD性能などは姉妹車ともいえるハリアーを大きく凌いでいます。

このあたりが男らしさ、ワイルドっぽさという点で評価されているわけで、ランクルの人気が高いのも高価だからだけではないのです。

座席が高くて見晴らしがいい

座席が高くて見晴らしがいいというのは、RAV4に限らずこのタイプのSUVに乗った女性が皆さん言われることで、特に女性が良く乗っているコンパクトカーとは全く別のものです。

RAV4の助手席に座ると、いつもとは違う世界を見ることができるというのは夢見る若い女性にとって重要なことなのかもしれません。

ヤンキーやDQNが乗っていない車好きが乗る車

先ほどのランキングでは、若者には圧倒的な人気を誇るアルファードは64位に沈んでいます。

女性は高級車は好きですが、あまりにも高級すぎる車は敬遠しますし、ヤンキーやDQNが乗っていると思われる車はノーサンキューなのです。

その点、RAV4はヤンキーやDQNが虚勢を張る車ではありません

むしろ、車好きの若者が少し無理をして買っている、そんなイメージは女子ウケするのでしょう

カローラクロスやライズも女子ウケするの?

RAV4が女子ウケするのだったら、同じクロスオーバーSUVであるカローラクロスやライズも女子ウケしそうですよね。

ランクルやプラドは別格として、前述の「モテる車ランキング」を見てみましょう。

何と、ライズが76位、カローラクロスは圏外なのです。

やはり、ある程度の高級感は必要なのでしょうし、カローラクロスの場合は比較的新参者で、「カローラ」の名前が邪魔をしているのかもしれません。

ライズはRAV4の倍以上売れてますし、カローラクロスはそのライズの上を言っているのですが、売れるのと女子ウケは違うようです

RAV4よりハリアーの順位が低いところをみると、高級車の価格帯で、「本格」SUVの匂いがするのも大事なのかもしれませんね。

RAV4に女性が乗るのはどう?

「RAV4に乗ってる人のイメージは?女性が乗るには難しい?」に「RAV4に乗ってる女性の口コミ」と「RAV4に乗ってる女性を見る目」を記載しています。

これを見ると、乗っている方は立派な体格でなくてもポジティブに考えておられるようですね。

また、RAV4に乗ってる女性に対する見方は概ね好意的で、カッコいいとか活動的でいいとかいう意見でした。

RAV4はそう大きく見えず、ハリアーのように高級感あふれるような雰囲気でもなく、ポップな感じも好感につながるのかもしれませんね。

RAV4は女性が乗るにはでかすぎて運転しにくいって本当?

まず、RAV4は女性が乗るにはでかすぎて運転しにくいという声をチェックし、その理由に迫ってみます。

  1. RAV4は女性が乗るにはでかすぎて運転しにくいという声
  2. RAV4は女性が乗るにはでかすぎて運転しにくい理由

RAV4は女性が乗るにはでかすぎて運転しにくいという声

RAV4は女性が乗るにはでかすぎて運転しにくいという声を口コミから拾ってみましょう。

  • 昔のRAV4は小さかったのでそのつもりで買ったら、あまりにも幅が広すぎて運転が苦手な私には地獄
  • 女性には車の周囲が見ずらい
  • RAV4、ちょっと幅が広すぎるし、パノラミックビューモニターがオプションでも無い(2020年8月改良前)
  • 全幅1,865mmなんて、少し前のアメ車
  • エクストレイルから乗り換えたけど、サイズ、特に幅幅が大きくて持て余す
  • うっかり最小回転半径をよく考えずにステアリングを切るとバンパーの角を擦る事もある
  • 一目ぼれして新型発売直後に買ったが、車幅があるので駐車時に困るし、我が家の狭い駐車場はとくに面倒
  • 小柄な私はとても乗りずらい
  • 小柄な女性だとちっとも視界は良くないし、車周辺の視界は最悪
  • 試乗して大きさに諦めてライズを買った

最初は大きさに戸惑うと思うがすぐ慣れるという意見もありましたが、やはり横幅を中心とした大きさ、周囲の見通しの悪さが不評でした。

横幅は女性とは関係ないと思いますが、運転の苦手な方が多いのかもしれません。

RAV4は女性が乗るにはでかすぎて運転しにくい理由

RAV4は女性にはでかすぎて運転しにくい理由はいくつかあります。

Adventureの全幅は1,865mmもある

RAV4の全長は4,610mmから4,600mmでそこまで大きくないのですが、全幅は普通のタイプで1,855mm、Adventureは1,865mmもあるのです。

これはあのフルサイズミニバンであるアルファードの1,850mmを上回るサイズで、5ナンバーであった初代モデルからすれば驚くべき巨大化です。

幅の広さで運転が難しくなるのは性別に関係ありませんが、男性より身長も座高も低い女性にとっては側方への見切りも悪くなります

このため、狭い道を走る場合は男性以上に気を使うことになるのです。

RAV4の最小回転半径は最大5.7m

RAV4の最小回転半径は通常グレードでは5.5mとこの大きさを考えれば納得がいくところですが、Adventureや“Z package”は5.7mもあります。

最小回転半径が大きくて一番問題になるのはUターンで、5.7mもあると片側2車線の道路での一発Uターンは厳しいはずです。

当然他のところでも小回りは効きません。

これも男性、女性で違いは無いはずですが、買い物など日常狭いところに行く必要が多いのは女性です。

となると、5.7mという最小回転半径は気になると思いますよ。

全長は4,610mmから4,600mmはそれなりに大きい

先ほど全長のことはそこまで大きくないといました。

現行モデルの全長は4,610mmから4,600mmですが、初代モデルは4,115mm(5ドア)ですから十分肥大化しています。

この全長と全幅ですから、狭い道での左折では左側面を擦ることも心配ですし、バンパーの角をコツンとぶつける可能性もあります。

やはり、狭い道ではこれくらいの全長でも大きすぎるのです。

車の周囲の視界が悪い

これはSUV共通の問題ですが、どうしても窓の位置が高くなるので左側面や前方のバンパーあたりの視界が悪いのも問題です。

SUVは座面が高いので勘違いしがちですが、視認性は悪く、RAV4にサイドアンダーミラーが付いているのがその証拠です。

座高の低い女性にとってはさらに厳しいはずです。

パノラミックビューモニターがあれば、この欠点は改善されるのですが、2020年8月の改良前はオプション設定すらありませんでした。

運転席に乗るのが大変

RAV4に限らずSUVは座席が高いのが特徴で、そのおかげで非常に視界がいいというメリットを持っています。

しかし、体格の劣る女性にとっては乗るのは大変と言います。

RAV4の場合、地上からドア開口部の下端であるサイドシルでの高さは約460mmで、これはこのクラスのSUVとしては高いわけではありません。

しかし、アルファードを見ると地上からセカンドステップまで39㎝、ファーストステップまで49㎝という2段ステップとなっています。

これなら、背の低い女性でも乗り降りし易いのですが、RAV4にはこうした配慮が皆無なのです。

まとめ

RAV4はあまりにも巨大化しましたから、女性にとっては運転しにくい車になった面もあると思います。

このため、女性は、自分で運転するならコンパクトSUVや軽SUVを選択しているようで、RAV4は自分が運転する車としてはあまりウケていません。

一方で、乗せてもらう車としては予想以上に高い評価を受けています。

RAV4を買う方も、「モテ車」として買っていないはずですから、そこもいいのかもしれませんね。

 

RAV4を限界値引きから更に安く購入する方法!

RAV4を新車で購入する時、「出来るだけ安く購入したい!」と思いませんか?

RAV4もフルモデルチェンジを果たし、最上級グレードの車両本体価格が約563万円とかなりの高額になっています。

だからこそ、出金を減らしたいと思うのも無理はありません。

例えば、出金を減らす手段として思い浮かべるものは「値引き」ではないでしょうか?

確かに値引き額が大きくなればなるほど出金を減らすことは出来ます。

しかし、人気車の値引きやモデルチェンジ直後は各メーカーともに大きくありません。値引かなくても売れますからね。

だからといって、諦める必要はありません。

方法はあるのです。

知っている人は「なんだあの方法か!」と思うかもしれませんが、知らない人にとっては「そんなに違うの?」というものです。

詳細を下記の記事で説明していますので確認してみて下さい。

>> 詳細はこちらからご確認頂けます

一度、知っている方法か確認してみても損することはありませんよ!

 

>>  目次ページに戻る