新型ヴォクシーにダサいの声!デザインがひどい?

新型ヴォクシーが誕生したのは2022年1月でした。

新型ヴォクシーのリリース以来、その外観に関する様々な意見が飛び交っています。

「新型ヴォクシーがダサい」との声が多い中で、特にその原因はデザインに集中しているようです。

本記事では、多くの声が挙がる「ヴォクシーのデザインがひどい」という点と、「新型ヴォクシーのフロントグリルがダサい」との声に焦点を当て、その背景と詳細を探っていきます。

ヴォクシーの新しい顔立ちが何故このような反応を引き起こしているのか、そしてそれが実際の販売数や市場での受け入れにどのような影響を及ぼしているのかを検証していきたいと思います。

ヴォクシー-記事一覧

  • 新型ヴォクシーのフロントデザインの評判
  • 新型ヴォクシーの販売状況
  • 新型ヴォクシーのデザインに対する分析
  • 新型ヴォクシーとライバル車との比較

新車を安く購入する値引以外の方法!

新車を購入する時、「出来るだけ安く購入したい!」と思いませんか?

昨今の新車は安全装備の充実等により軽自動車でも200万円超えは珍しくありませんし、以前では300万円台の車種も500万円以上に価格が跳ね上がっていることも珍しくなくなりました。

だからこそ、出金を減らしたいと思うのも無理はありません。

出金を減らす手段は「値引き」だけではありません。

人気車種やモデルチェンジ直後など例え値引きが渋くても諦める必要はありません。

知っている人は「なんだあの方法か!」と思うかもしれませんが、知らない人にとっては「そんなに違うの?」というものです。

詳細を下記の記事で説明していますので一度確認してみて下さい。

>> 詳細はこちらからご確認頂けます

新型ヴォクシーにダサいの声を口コミからチェック?

新型ヴォクシーにダサいの声を口コミからチェック?

まず、新型ヴォクシーのダサいのという声を口コミからチェックし、心配な売れ行きもチェックておきましょう。

  1. 口コミでの新型ヴォクシーのダサいの声
  2. 新型ヴォクシーは売れてないの?

新型ヴォクシーのダサいの声(エクステリア)

口コミでの新型ヴォクシーのダサいの声はこんな感じです。

  • ダサすぎる、何を考えているのかわからないレベルとひどい没個性
  • フロントに書類棚がついているようなひどいデザイン
  • めちゃくちゃダサいデザインで下品、マイルドヤンキーやガテン系の人が好きそう
  • ダサいと思うが、アルファードもそうなので、ダサくても売れそう
  • オラオラ感が受け入れられない
  • トヨタの攻めるデザインもヴォクシーは行くとこまで行って、引き返せなくなった感じ
  • ひどいホラー顔下品さがパワーアップ
  • グリルが大型化して迫力はあるが、そのぶん間抜けな印象で、グリルしか目立たないダサさ
  • ひどい外装で、内装も安っぽい
  • 大口あけたフロントグリルが下品な上にチープな内装はダサいとしか言いようがない

ほとんどがフロント、それもフロントグリルが下品だとかダサいという声ばかりです。

ただ、そうは言っても、結局は売れるんだろうなという声も多かったのは確かです。

新型ヴォクシーは売れてないの?

新型ヴォクシーは売れてないのでしょうか。

ここでは、2022年の月別登録台数をチェックしておきましょう。

ヴォクシー ノア セレナ ステップワゴン
1月 1,774(1月13日FMC) 1,650(1月13日FMC) 4,713 2,800
2月 2,073 2,227 5,981 2,586
3月 7,691 7,046 8,022 1,431
4月 4,707 5,697 3,057 193
5月 2,157 2,720 2,577 2,025(5月26日FMC)
6月 4,207 4,302 3,544 3,378
7月 4,034 5,010 6,359 5,708
8月 3,370 3,766 5,275 4,614

これだけ見ると、これまでは圧勝していたノア&ヴォクシーが伸び悩んでいる印象がありますし、それぞれ5,400台の販売目標さえクリアできていません。

もう一つ心配なのは80系ではノアよりはるかに売れていたヴォクシーがノアの後塵を拝していることです。

これはノアとヴォクシーを生産するラインで半導体不足による稼働停止が頻繁に行われていることも大きな原因です。

ノアとヴォクシー発売後約1か月半で受注累計が7万台を突破したと言いますし、現時点での納期はガソリン車が7か月、ハイブリッド車が10か月のようです。

ただ、同じトヨタの数字を比べると、ヴォクシーの人気は80系と違って、ノアに負けているのではないかと思われます。

新型ヴォクシーのデザインがひどいってフロントグリルがダサいから?

新型ヴォクシーのデザインがひどいってフロントグリルがダサいから?

では、新型ヴォクシー フロントのオラオラ系が強すぎるというは本当か、画像でチェックておきましょう。

新型ヴォクシー 先代ヴォクシー(80系)

引用元:https://toyota.jp/voxy/gallery/?padid=from_voxy_top_navi-menu_gallery http://kspec-now.com/2017/11/13/2341/

先代ヴォクシー(80系)は前期に比べればフロントグリル下部がより大きく開き、フォグランプ部分の造形も迫力を増しています。

一方で新型ヴォクシーはこうなるとフロント全体がフロントグリルのようなデザインで、独創的ですが、ここまでするのか感はあるのかもしれません。

確かに新型ヴォクシーははオラオラ系の度合いが増していますね、それも大幅に

ちなみにライバル車のフロントグリルはこんな感じです。

新型ノア(90系) セレナ(27系) 新型ステップワゴン(RP6 / 7 / 8系)

引用元:https://toyota.jp/noah/gallery/?padid=from_noah_grade_navi-menu_gallery https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior.html https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/styling/design/

もともとヴォクシーに比べればノアは攻撃的でオラオラ顔だったのですが、90系に関してはヴォクシーよりはおとなしく品がある気もします。

セレナもトヨタに合わせて攻撃的な存在感のあるグリルに変わっていますが、ヴォクシーに比べれば端正に見えます。

ステップワゴンの場合はなぜかおとなしい方向に舵を切っていますので、比較にならないくらい抑えた存在感です。

こうしてみると、新型ヴォクシーのフロントは群を抜いて攻撃的ですがこれがダサいかどうかは好みの問題でしょう。

まとめ:新型ヴォクシーにダサいの声!デザインがひどい?

新型ヴォクシーのフロントがダサいかどうかは別として、そう言われても仕方ないほど独自のものですし、存在感も半端ないものがあります。

ただ、現行アルファードのモデルチェンジ当時も、あの独特のフロントグリルは賛否両論でしたが、今はダサいというのは少数意見です。

ユーザーと圧倒的なセールスがあのオラオラ系のフロントデザインを肯定し、むしろ熱狂的に支持したのです。

新型ヴォクシーがアルファードのように圧倒的な支持を受けるかどうかはわかりませんが、それはユーザーが決めることですし、時が答えを出すはずです。

新型ヴォクシーがダサいかどうかはそのときにはっきりすることでしょう。

この記事でお伝えした新型ヴォクシーにでているダサいの声についてのポイントを簡単にまとめました。

  • フロントデザインが下品
  • グリル大型化で迫力も間抜け感
  • 外装内装共に安っぽい
  • オラオラ系が強すぎる
  • ノアに人気で負ける
  • 半導体不足で生産停止も影響

 

ヴォクシーを限界値引きから更に安く購入する方法!

ヴォクシーを新車で購入する時、「出来るだけ安く購入したい!」と思いませんか?

ヴォクシーも安全装備の充実等によりハイブリッドの最上級グレードの車両本体価格が約400万円とかなりの高額になっています。

だからこそ、出金を減らしたいと思うのも無理はありません。

例えば、出金を減らす手段として思い浮かべるものは「値引き」ではないでしょうか?

確かに値引き額が大きくなればなるほど出金を減らすことは出来ます。

しかし、人気車の値引きは各メーカーともに大きくありません。値引かなくても売れますからね。

だからといって、諦める必要はありません。

方法はあるのです。

知っている人は「なんだあの方法か!」と思うかもしれませんが、知らない人にとっては「そんなに違うの?」というものです。

詳細を下記の記事で説明していますので確認してみて下さい。

>> 詳細はこちらからご確認頂けます

一度、知っている方法か確認してみても損することはありませんよ!

 

>>  目次ページに戻る