ステップワゴンの内装をおしゃれにドレスアップするおすすめパーツは?

ステップワゴンの内装は良くも悪くもシンプルです。

内装の場合、ちょっとしたパーツを使うだけで画期的におしゃれになるものです。

ここでは、まずステップワゴンの内装をおしゃれにドレスアップするにはどうすればいいかを考えてみます。

そして、そのために必要なおすすめパーツを紹介しておきましょう。

ステップワゴン-記事一覧

ステップワゴンの内装をおしゃれにドレスアップするにはどうすればいい

まず、ステップワゴンの内装をおしゃれにドレスアップするにはどうすればいいかをいろいろと考えてみましょう。

  1. ステップワゴンの内装をチェックする
  2. ステップワゴンの内装に木目を追加する
  3. ステップワゴンの内装にクローム等の華燭を追加する
  4. ステップワゴンの内装を光で演出する
  5. ステップワゴンのシートをゴージャスにする

ステップワゴンの内装をチェックする

ステップワゴンの内装をおしゃれにドレスアップすることを考えるために、まずステップワゴン純正の内装をチェックしておきます。

引用元:https://www.webcg.net/articles/gallery/46821#image-3

これは最上級グレードのスパーダ プレミアムラインです。

スエード調表皮のインテリアトリムが上品ですし、クロームメッキの加飾もありますが、とても豪華でおしゃれというほどではありません

豪華で高級感を醸し出す木質の加飾もありませんし、メッキ加飾はもっとあってもいいかもしれません。

これは、ベースグレードのAIRのシートも含めた内装です。

引用元:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/design/

インパネ表皮がスエード調からファブリックになったのでダッシュボード周りの質感はかなり落ちています

それよりおしゃれという点で気になるのはシートで、ファブリックの質感といいカラーといいおしゃれとは程遠いと言わざるを得ません。

これはスパーダ プレミアムラインのシートスエード調表皮とプライムスムースという合皮のコンビです。

引用元:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/design/

このシート見た感じでもわかるのですが、ホールド感はなかなかのものので、シートとしてのできはいいようです。

ただ、これがおしゃれかと言われるとどうかなと思うのは私だけでしょうか。

ちなみに先代のステップワゴンでは、上級グレードには木目パネルも採用されていました。

引用元:https://www.honda.co.jp/auto-archive/stepwgn/normal/2022/webcatalog/interior/design/

ステップワゴンの内装に木目を追加する

ステップワゴンに限らず内装をおしゃれに、豪華にするポイントは木目を使うことです。

ミニバンでも高級なものはだいたい木目パネルを使っているのです。

ただ、6代目ステップワゴンはダッシュボードが布製なので木目調パネルの導入は困難です。

5代目ならこんな感じにできなくはないのですが、かなりのテクニックが要るようです。

5代目ステップワゴンにしても形状が立体的なこともあって、通常の貼付式のシートでドレスアップするのは難しいようですね。

ステップワゴンの内装にクローム等の華燭を追加する

ステップワゴンの内装にクローム等の華燭を追加するのはコストもかからず簡単です。

通販で買って自分で貼り付ければいいからです。

両面テープですから簡単ですし、見栄えが悪ければ外せばいいからです。

ステップワゴンの内装を光で演出する

ステップワゴンの内装をおしゃれにするうえで一番なのは光の演出かもしれません。

これは5代目ステップワゴンにインテリアイルミネーションを装着したものです。

幻想的で豪華、そしておしゃれですね。

引用元:https://cartune.me/notes/3cFVhinYbX

ステップワゴンのシートをゴージャスにする

ステップワゴンのシートをゴージャスにするのは簡単で、シートカバーを付ければいいのです。

予算は数万円で合皮なら1万円札3枚くらい、本革でも5、6枚で手に入るからです。

画像は5代目ステップワゴンスパーダに本革シートカバーを装着したものですが、とてもおしゃれでしょう。

引用元:https://refinad.com/portfolio-item/step-wgn-spada-refinad-harmonious-leather-series/

おしゃれにドレスアップするおすすめパーツ

では、ステップワゴンの内装をおしゃれにドレスアップするおすすめパーツをいくつか紹介しておきましょう。

  1. 内装に木目やクローム等の華燭を追加するおすすめパーツ
  2. 内装を光で演出するおすすめパーツ
  3. シートをゴージャスにするおすすめシートカバー

内装に木目やクローム等の華燭を追加するおすすめパーツ

ステップワゴンの内をお手軽にアップグレードできるのは木目やクローム等の華燭の追加です。

まず紹介するのは、5代目ステップワゴン用のエアコンダクトカバーとインナードアハンドルカバーです。

エアコンダクトカバーはクロームメッキ、インナードアハンドルカバーはステンレスですからアクセントが付いていい感じではないでしょうか。

価格は税・送料込みで5,020円4,750円で、両方とも両面テープ装着ですから、DIYの難易度はとても低いはずです。

《エアコンダクトカバー

 

《インナードアハンドルカバー

木目やピアノブラックのインテリアパネルのセットはPR系はありませんが、PF、PG、PK系なら手に入ります

価格は税・送料込みでPF系が12,000円、PG系12,300円が、PK系23,220円で手に入ります。

施工はもちろん両面テープです。

PF系インテリアパネルセット

 

《PG系インテリアパネルセット

 

《PK系インテリアパネルセット

 

内装を光で演出するおすすめパーツ

ステップワゴンの内装を光で演出するおすすめパーツはイルミネーション、具体的にはフットライトです。

フットライトの6代目用は見つからなかったのですが、5代目用は見つかりました

純正品で安心ですし、価格も税・送料込みでフロント用が10,340円、2列目用が6,600円でエコノミーなものです。

色はもちろんブルーで2列目は1列目に装着している場合にのみ装着可能です。

施工はDIYでも可能ですが、少し難易度が高いので自信が無ければディーラーか腕に自信のある知り合いに頼みましょう。

《ステップワゴン5代目1列目用フットライト

 

《ステップワゴン5代目2列目用フットライト

 

フットライトについては汎用品もありますので、器用な方ならそちらもいいかもしれませんね。

シートをゴージャスにするおすすめシートカバー

ステップワゴンのシートをゴージャスにするおすすめシートカバーはクラッツィオを紹介しておきましょう。

このメーカーのシートカバーは質感に加えてフィッティングも抜群だからです。

現行6代目ステップワゴン用では、本革なのに56,480円で手に入ります。

パンチングした本革をお尻や背中が当たる部分に使っているから十分でしょう。

シートカバーに関しては本革よりPVCの方が安いですし、水に強く手入れも簡単ではあります。

この製品は税込み26,879円+送料2,625円ですがキルティングでスポーツ感満載、しかもなかなかおしゃれですからいいかもしれませんね。

 

まとめ

現行ステップワゴンはシンプルな内装で悪くはないのですが、少しおしゃれにしてみてもいいですし、そのための方法はいくらでもあります。

ただ、現行の6代目についてはアクセサリーが出そろっていません。

5代目以前のドレスアップならすぐにでもできますが、6代目についてはしばらく待った方がいいかもしれませんね。

施工はそう時間がかかるものではありませんが、シートカバーは別です。

クラッツイオに限らずフィッティングのいいものはものすごく時間がかかりますから、気候のいい時期にしっかりと時間をかけて挑戦しましょう。

 

ステップワゴンを限界値引きから更に安く購入する方法!

ステップワゴンを新車で購入する時、「出来るだけ安く購入したい!」と思いませんか?

ステップワゴンも安全装備の充実等によりe:HEVの最上級グレードの車両本体価格が約390万円とかなりの高額になっています。

だからこそ、出金を減らしたいと思うのも無理はありません。

例えば、出金を減らす手段として思い浮かべるものは「値引き」ではないでしょうか?

確かに値引き額が大きくなればなるほど出金を減らすことは出来ます。

しかし、人気車の値引きは各メーカーともに大きくありません。値引かなくても売れますからね。

だからといって、諦める必要はありません。

方法はあるのです。

知っている人は「なんだあの方法か!」と思うかもしれませんが、知らない人にとっては「そんなに違うの?」というものです。

詳細を下記の記事で説明していますので確認してみて下さい。

>> 詳細はこちらからご確認頂けます

一度、知っている方法か確認してみても損することはありませんよ!

 

>>  目次ページに戻る