アルファードのLM仕様はどれだけ費用がかかる?

アルファードの魅力をさらに高める「LM仕様」へのカスタマイズ。

同じプラットフォーム、シルエットでありながらレクサスのラグジュアリーなフィーチャーをアルファードに取り入れたいと考えている方には大きな誘惑かもしれません。

ここでは、まず、アルファードのLM仕様はどんなもので、なぜ費用がかかるかを説明していきます。

そして、アルファードのLM仕様にかかる費用を、純正LMパーツ使用、サードパーティパーツ使用、カスタムカー、中古車でそれぞれチェックしていきます。

あなた惹かれているアルファードのLM仕様にどれくらいの費用がかかるかがおわかりいただけると思いますし、FM化に向けた参考としていただけるとありがたいです。

アルファード-記事一覧

  • レクサスLMとアルファードのLM仕様とは
  • LM仕様に多額の費用がかかる理由
  • LM仕様にするための純正パーツ使用、サードパーティパーツ使用の場合の費用
  • コンプリートカー、中古車LM仕様を購入するための費用

アルファードのLM仕様はどうして費用がかかる?

アルファード lm 仕様 費用

最初は、アルファードのLM仕様はどうして費用がかかるのかを、そもそもLM仕様とはどのようなもので、LM化にはどんなものが必要なのかというところから説明していきます。

  1. アルファードのLM仕様とは?
  2. LM仕様に必要なものは?

アルファードのLM仕様とは?

まず、アルファードのLM仕様とはどんなものかです。

アルファードのLM仕様は、アルファードをレクサスLMのスタイルに変更するカスタム改造を指します。

LMとアルファード&ヴェルファイアが、ボディシェルを含むプラットフォームやエンジン、ミッションなどが同じだからこそできるわけです。

しかし、兄弟車種とはいえ、細部にわたる設計や品質ははるかにLMが勝ります。

このため、カスタマイズには外装のみならず内装のアップグレードも含まれることが多く、アルファードをより高級感のある車に仕上げることを目指します

アルファード自体がすでに高品質なミニバンであるため、LM仕様にカスタマイズすることで、一層の高級感を加えることができるのです。

LMの価格については、初代は中国、香港、台湾、インドネシア、インド向けに販売されていて、中国では7人乗りが116万6000人民元、4人乗りが146万6000人民元でした

引用元:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1229/415/html/223_o.jpg.html

当時のレートで約1,860万円、約2,300万円だったのですが、前者が「Executive Lounge」、後者がモデリスタのコンプリート車「Royal Lounge」並みの装備を備えているのです。

ちなみに、国内で2023年12月から販売されている2代目のLM500h “EXECUTIVE”は2,000万円です。

引用元:https://www.lexus.com.cn/models/lm

中国ではL500hが125万元、LM350hが119.9万元です。

引用元:https://www.lexus.com.cn/models/lm

2024年4月21日現在で1人民元が21.36円程度ですから、それぞれ3,295万円、2,561万円というとんでもない値段です。

もちろん40系のアルファードもLM化は可能なのだと思いますが、今のところ見かけません。

まだ2代目の発売から日が浅いこともありますが、国内でLMが発売されたのであまりにもかっこ悪く感じるのかもしれませんね。

そんな事情もあって、この記事では、もっぱら30系アルファードを初代LM化するという前提で書かせていただきます

LM仕様に必要なものは?

次は、LM仕様に必要なものは何かです。

アルファードをレクサスLM仕様にカスタマイズするには、いくつかの重要な部品が必要です。

外装の変更にはフロントグリル、ヘッドライト、フロントバンパーの交換が基本となります。

これらはレクサスLMの特徴的なデザイン要素をアルファードに導入するために不可欠です。

内装に関しても、より豪華なレクサス風の仕上がりを目指す場合、シートカバーやダッシュボードの材質を高級素材に変更することが一般的です。

これらの部品を揃える方法には2つの主要な選択肢があります。

1つ目は、レクサス純正のパーツを使用する方法です。

これは通常、高価ですが、フィット感や品質の面で最も信頼性が高い選択肢とされています。

2つ目は、サードパーティ製のカスタムパーツを使用する方法です。

これは純正パーツよりもコストを抑えられる可能性がありますが、フィット感や耐久性において純正品と比べて劣る場合があります。

それぞれの選択肢にはメリットとデメリットが存在し、個々の予算や求める品質によって最適な選択が異なります。

純正パーツは価格は高くなりますが、完璧なフィットとオリジナルのデザインが保証されます。

一方でサードパーティのパーツはコストを抑えることができるものの、取り付けに際して調整が必要になることがあります。

 

いずれにしても、パーツ代、工賃とも普通のカスタム化と比べてはるかに高価で、どうしてもかなりの費用がかかってしまうのです。

アルファードのLM仕様にするための費用の目安は?

アルファード lm 仕様 費用

ここでは、アルファードのLM仕様にするための費用の目安を様々なパターンで見ていきます。

  1. LM純正パーツを使った場合は?
  2. LM純正パーツを使わなかった場合は?
  3. コンプリートカーを買う手もある
  4. 中古車を買う手もある

LM純正パーツを使った場合は?

まず、LM純正パーツを使った場合はどれくらいかかるかです。

レクサスLMの純正パーツをアルファードに取り付ける場合、パーツ代としてはおおよそ250万円から300万円が目安です。

これにはフロントグリル、ヘッドライト、バンパー、テールライトなど、外観を変更する主要なパーツが含まれます。

一般的には、純正パーツを取り扱う正規ディーラーや特定の輸入車パーツ専門店から購入することになります。

例えばこのサイトでは外装パーツだけですが、242万円で販売していました。

http://t-style-spl.shop-pro.jp/?pid=158537102

施工にかかる工賃は、車体への取り付け作業の複雑さにもよりますが、通常、30万円から50万円程度が相場です。

施工業者の選定には注意が必要で、レクサスLMのパーツ取り付けに経験のある信頼できる専門のカスタムショップを選ぶことが重要です。

そんなショップでは、パーツの取り付けに加えて、必要に応じての調整や追加工作も行ってくれます。

純正パーツの取り付けには専門的な技術が必要なため、一般的な修理工場やディーラーでは扱えない場合もあります。

そのため、事前に施工可能かどうかを確認し、施工実績のある業者を選ぶことが望ましいと思います。

また、施工後のアフターケアや保証の有無も確認しておくことが大切です。

このように、アルファードをレクサスLMの純正パーツでカスタマイズする場合、高額な投資が必要となります。

しかし、その分、車の外観と品質は大きく向上し、オリジナルのレクサスLMに近い外観を実現することができます。

LM純正パーツを使わなかった場合は?

次は、LM純正パーツを使わなかった場合はどれくらいかかるかです。

LMの純正パーツを使用せず、アフターマーケットでサードパーティの部品を選んだ場合、費用は純正パーツ使用時より大幅に削減されることが一般的です。

サードパーティのパーツは、純正品と比べてかなり安価で提供されることが多く、パーツ代としては約50万円から150万円程度が目安となります。

この製品は外装のフルセットで税・送料込み1,500,400円です(受注生産で納期2か月)。

パーツ数は違いますが、この製品は税・送料込み770,000円です。

これには外装の主要な部品が含まれ、レクサスLM風の外見に仕上げるための必要最低限のパーツが揃います。

工賃については、サードパーティの部品は取り付けが比較的簡単であることが多いため、純正パーツ使用時に比べて低めに抑えられます。

一般的には20万円から40万円程度が工賃の相場です。

ただし、部品の質やデザインによっては追加の加工が必要になる場合もあり、その場合は工賃が上乗せされる可能性があります。

施工業者については、サードパーティパーツの取り付けはより多くのカスタムショップや修理工場で扱うことが可能です。

これは、サードパーティパーツが一般的に取り扱いやすく、特別な技術が必要な場合が少ないためです。

ただし、部品の品質や取り付け後のフィット感に幅があるため、施工実績のある信頼できるショップを選ぶことが重要です。

サードパーティパーツを使用する場合、純正パーツほどの完璧なフィット感や耐久性を期待することは難しいかもしれません。

しかし、コストを抑えつつも見た目を大幅に変更したいと考えるオーナーには適した選択と言えます。

また、施工業者を選ぶ際には、過去の施工例を確認し、評判や口コミも参考にするとよいでしょう。

コンプリートカーを買う手もある

次に、コンプリートカーを買う手もあるという話です。

コンプリートカーとしてレクサスLM仕様のアルファードを購入する場合、全てのカスタマイズが完了しているため、現物を見て、すぐに高級感あふれる車両を手に入れることができます。

この方法は、自分でカスタムパーツを選んで組み合わせる手間が省けるため、忙しい人や専門知識がない方にも人気です。

コンプリートカーの価格は、カスタムの内容や使用されているパーツの品質、車両の基本性能や年式によって大きく異なります。

一般的には中古車ベースで700万円から1,000万円の範囲で設定されることが多いようです(30系では新車ベースは不可能)。

高級感を重視したデザインや、最高級の材料を使用している場合、価格はこの範囲の上限に近くなることがあります。

購入を検討する際は、施工を行った業者の信頼性や、過去のカスタム実績をしっかりと確認することが大切です。

また、保証内容やアフターサービスの詳細も事前にチェックし、長期的な使用においても安心できる選択を心がけましょう。

中古車を買う手もある

次は、中古車を買う手もあるという話です。

中古車市場を見ると結構な数のLM仕様にカスタマイズされたアルファードが販売されています。

中古車で購入する際、価格はそのカスタムの質や車両の状態、走行距離によって大きく異なります。

一般的に、LM仕様の中古アルファードは安いものでは300万円台、高いものは1,000万円で市場に出回っています。

この価格の範囲は新車価格よりも低いことが多く、特に高級カスタムが施された車両でも、比較的手頃な価格で手に入れることが可能です。

購入を検討する際には、車体の外観だけでなく、機械的な部分の検査も徹底して行うことが大切です。

特にカスタマイズされた車両は、元の部品と異なる部分が多いため、専門の業者による事前の診断を受けることをお勧めします。

また、購入後のメンテナンスや部品の交換が必要になる場合もありますので、総合的なコストも考慮に入れる必要があります。

中古車を選ぶ際は、信頼できる販売店や、評判の良い中古車プラットフォームを利用することが、安心して購入するための鍵となります。

総括:アルファードのLM仕様はどれだけ費用がかかる?

この記事でお伝えしたポイントを箇条書きでまとめました。

  • LM仕様とはアルファードをレクサスLMのスタイルに変更するためのカスタム改造
  • LMの純正パーツは極めて高価で、サードパーティパーツもそこそこ高価なので、LM化には費用がかかる。
  • 純正パーツ使用で、パーツ代250~300万円、工賃30~50万円
  • サードパーティパーツ使用で、パーツ代50~150万円、工賃20~40万円
  • 中古車ベースのLM仕様コンプリートカーで700万円~1,000万円
  • LM仕様の中古車で300万円台~1,000万円超

 

アルファードを限界値引きから更に安く購入する方法!

アルファードを新車で購入する時、「出来るだけ安く購入したい!」と思いませんか?

アルファードも安全装備の充実等により最上級グレードの車両本体価格が約872万円とかなりの高額になっています。

だからこそ、出金を減らしたいと思うのも無理はありません。

例えば、出金を減らす手段として思い浮かべるものは「値引き」ではないでしょうか?

確かに値引き額が大きくなればなるほど出金を減らすことは出来ます。

しかし、人気車の値引きは各メーカーともに大きくありません。値引かなくても売れますからね。

だからといって、諦める必要はありません。

方法はあるのです。

知っている人は「なんだあの方法か!」と思うかもしれませんが、知らない人にとっては「そんなに違うの?」というものです。

詳細を下記の記事で説明していますので確認してみて下さい。

>> 詳細はこちらからご確認頂けます

一度、知っている方法か確認してみても損することはありませんよ!

 

>>  目次ページに戻る