旧型シエンタの赤色が色褪せで変わったって本当?

旧型シエンタにももちろん赤色はありました。

問題なのは、その赤色が途中で変わったこと、そして、その理由が色褪せという噂があることです。

ここでは、旧型シエンタで採用され、途中で入れ替えられたた2種類の赤色について、まず紹介していきます。

そして、2つの赤色が色褪せで入れ替えたというのは本当なのかをチェックしていきましょう。

シエンタ-記事一覧

旧型シエンタの2つの赤色ってどんな色?

まず、旧型シエンタの2つの赤色はどんな色かを見ていきましょう。

  1. 旧型シエンタの前期モデルの赤色は?
  2. 旧型シエンタの後期モデルの赤色は?

旧型シエンタの前期モデルの赤色は?

最初に、旧型シエンタの前期モデルの赤色を見ていきましょう。

引用元:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/21805713.html

旧型シエンタのモデルチェンジからマイナーチェンジまでの間の赤はレッドマイカメタリックです。

このレッドマイカメタリックは純粋な赤ではなくピンクや紫をわずかに含んだような色調で、赤の持つ派手さを抑え、柔らかい雰囲気を与えています。

この赤は2018年9月のマイナーチェンジまで使われていましたが、どちらかというと不人気色に分類されるカラーでした。

旧型シエンタの後期モデルの赤色は?

次は、旧型シエンタの後期モデルの赤色はどんな色かです。

まず、画像を見ていただきましょう。

引用元:https://www.toyota-mobi-tokyo.co.jp/column/20180924_sienta

2018年9月のマイナーチェンジでレッドマイカメタリックに代わって登場したのが、このセンシュアルレッドマイカです。

センシュアルというのは「官能的」というくらいの意味合いです。

深みのあるワインレッドと言ってもいいい色合いで、レッドマイカメタリックに比べると派手で存在感のある色合いです。

レッドマイカメタリックは不人気色でしたが、このセンシュアルレッドマイカはホワイトパールクリスタルシャインやブラックマイカに次ぐような人気色だったようです。

ただ、新型シエンタではもっと明るいスカーレットメタリックが採用されています。

旧型シエンタの赤色を色褪せで入れ替えたというのは本当?

では、旧型シエンタの赤色を色褪せで入れ替えたという話、つまり色褪せを理由にレッドマイカメタリックをセンシュアルレッドマイカに変えたというのは本当なのでしょうか。

ここでは、赤色が色褪せしやすい理由もあわせて説明していきましょう。

  1. 赤色が色褪せしやすいのはなぜ?
  2. 旧型シエンタの赤色の入れ替えは色褪せが原因?

赤色が色褪せしやすいのはなぜ?

まず、赤色が色褪せしやすいのはなぜかです。

一般的に白、青、グレー、ベージュなどは色褪せしにくいとされています。

黒は塗装の劣化はあるものの退色自体はしにくい色のようです。

一方で、赤、黄色の暖色系は色褪せしやすい色のようです。

赤色の場合、赤の光を反射するために赤く見えるのですが、最もエネルギーの大きい(=波長の短い)紫外線を吸収してしまうだけでなく、赤は特に紫外線を吸収しやすい色と言われています。

また、赤色の塗料を構成する化合物は結合が弱い性質があり、こうした紫外線の強いエネルギーに長期間さらされることにより結合が切れ、色材が酸化し、色褪せしてしまうようなのです。

メタリックやマイカでないソリッド系は特に厳しいのですが、レッドマイカメタリックのようにマイカが入りメタリック処理してあっても退色しやすいことには変わりはないようです。

旧型シエンタの赤色の入れ替えは色褪せが原因?

次に、旧型シエンタの赤色の入れ替えは色褪せが原因かという問題です。

いろいろと確認しましたが、レッドマイカメタリックがセンシュアルレッドマイカに変わった理由が色褪せという確実な情報はありません

その理由ならレッドマイカメタリックはトヨタのすべての車種から廃止されそうなものですが、例えばランドクルーザープラドではいまだに使われています。

引用元:https://toyota.jp/landcruiserprado/

プラドのような高価な、しかも厳しい気象条件さえ想定される車に、色褪せが問題になるボディカラーが採用されるとは考えづらいのではないでしょうか。

ということで、旧型シエンタの赤色の入れ替えは色褪せが原因ではなさそうです。

それよりは、シエンタではレッドマイカメタリックは不人気だったので、煽情的なセンシュアルレッドマイカに入れ替えたというのが正解ではないでしょうか。

まとめ

この記事では、旧型シエンタで採用され、途中で入れ替えられた2種類の赤色を紹介し、色褪せで入れ替えたというのは本当なのかをチェックしてきました。

ボディカラーの入れ替えは良くあることで、不具合による可能性もあれば、不人気が理由の場合もあるようです。

前期モデルで採用されたレッドマイカメタリックは悪くない色なのですが、シエンタでは不人気だったようです。

赤色なので色褪せは避けられないのですが、それが原因で色の入れ替えがあったわけではないようで、不人気色の入れ替えと普通に考えたほうがいいようです。

後継のセンシュアルレッドマイカは人気を集めたようなので、トヨタの思惑は当たったとみていいようです。

昔の、特にソリッド系の赤の退色や塗装の傷みはひどかったのですが、最近のマイカ系、メタリック系の赤はかなりマシになっているようです。

ただ、赤色は紫外線を吸収しやすく、赤色自体に脆い性格がありますので、ある程度色褪せについては覚悟しておいた方がいいと思いますよ。

 

シエンタを限界値引きから更に安く購入する方法!

シエンタを新車で購入する時、「出来るだけ安く購入したい!」と思いませんか?

シエンタも安全装備の充実等によりハイブリッドの最上級グレードの車両本体価格が約300万円オーバーと高額になっています。

だからこそ、出金を減らしたいと思うのも無理はありません。

例えば、出金を減らす手段として思い浮かべるものは「値引き」ではないでしょうか?

確かに値引き額が大きくなればなるほど出金を減らすことは出来ます。

しかし、現実は排気量の小さな小型車の値引きは各メーカーともに大きくありません。薄利多売で利益を出す戦略だからですね。

だからといって、諦める必要はありません。

方法はあるのです。

知っている人は「なんだあの方法か!」と思うかもしれませんが、知らない人にとっては「そんなに違うの?」というものです。

詳細を下記の記事で説明していますので確認してみて下さい。

>> 詳細はこちらからご確認頂けます

一度、知っている方法か確認してみても損することはありませんよ!

 

>>  目次ページに戻る