見栄っ張り貧乏人でも後悔しない車選び

あなたは車を選ぶ際、どのような基準で選んでいますか?

価格、燃費、デザイン、ブランド…人それぞれ選び方は異なるでしょう。しかし、中には「見栄」を重視して車を選ぶ人もいます。

特に、経済的に余裕がないにも関わらず、高級車やブランド車を選ぶ自称「見栄っ張りな貧乏人」という方々がいます。

しかし、車は購入費用だけでなく、維持費や保険、税金などランニングコストも必要です。見栄を張って高級車を手に入れたとしても、それらのコストを維持できなければ、結果的には大きな経済的負担となり、後悔することになります。

そこで、この記事では見栄っ張りな貧乏人が車を選ぶ際の注意点や、経済的に困窮しないための車選びのコツを紹介します。

自分の経済状況に合った車を選ぶことで、後悔しない車選びができます。

見栄を張って車を選ぶことは悪いことではありませんが、その結果として自分自身が困窮することは避けたいものです。

この記事を読むことで、あなたが車選びで後悔しないための一助となれば幸いです。

目次

見栄っ張りな貧乏人の車とその特徴

まず最初に「見栄っ張りな貧乏人の車」とはどのような車なのか、どのような特徴があるのか確認してみます。

見栄っ張りな貧乏人の車

「見栄っ張りな貧乏人の車」とは、一見高級に見えるが実際には価格が手頃な車や、ローンなどを利用して購入した高級車を指しています。

これは、自分の社会的ステータスを上げるためや他人からの評価を高めるために、自分の経済状況を超えた車を購入する行為を指します。

見栄っ張りな貧乏人選ぶ車の特徴

見栄っ張りな貧乏人が選ぶ車の特徴としては、以下のような点が挙げられます。

  1. 外観が洗練されている: 一見すると高級車に見えるデザインが選ばれます。例えば、「トヨタのハリアー」や「マツダのCX-5」などは、デザインが洗練されており、一見すると高級車に見えます。
  2. 装備や機能が充実している: 安全性や快適性に優れた装備や機能が求められます。これらの車は、新車の価格は比較的手頃ですが、装備や機能は充実しています。
  3. ローンを利用して購入: 車の価格が手頃でない場合でも、ローンを利用して購入します。例えば、「メルセデス・ベンツ」や「BMW」などの輸入車は新車価格が500万円以上と高価ですが、ローンを利用すれば月々の返済額を抑えることが可能です。

これらの特徴は、見栄っ張りな貧乏人が車を選ぶ際の傾向を示しています。

しかし、車の価格だけでなく維持費なども考慮に入れる必要があります。

また、自分の経済状況を超えた車を購入する行為は、長期的に見ると経済的な負担となる可能性があるため、注意が必要です。

見栄っ張りな貧乏人はローンで車を買うリスク

見栄っ張りな貧乏人が現金ではなくローンで車をことで発生するリスクについてみていきます。

見栄っ張りな貧乏人がローンで高級車を買うとこれだけ損する

見栄っ張りな貧乏人がローンで高級車を購入すると、経済的な負担が大きくなり、長期的に見て損をする可能性が高くなります。

なぜなら、車のローンは購入価格だけでなく、利息も含まれるため、実際に支払う金額は車の価格以上になるからです。

また、高級車は維持費も高く、ガソリン代や保険料、税金などが重なると、月々の出費は大きくなります。

さらに、車の価値は購入後すぐに下がり始め、数年後には半分以下になることも珍しくありません

例えば、新車の価格が500万円の高級車をローンで購入した場合、5年間で約600万円(利息を含む)を支払うことになりますが、5年後の車の価値は約200万円程度に下がるため、実質的な損失は約400万円になります。

見栄っ張りの貧乏人ほど無理して高級車を買っていると思わない理由

見栄っ張りの貧乏人の全てが無理して高級車を購入するとは限らないと言えます。

なぜなら、車の選択は個々の価値観やライフスタイルに大きく影響されるからです。

一部の人々は、社会的ステータスを示すために高級車を選ぶかもしれませんが、それは全ての人が同じように行動するわけではありません。

例えば、一部の人々は、見栄を張るためではなく、快適なドライブを楽しむため、またはビジネスでの移動手段として高級車を選ぶことがあるでしょう。

また、中古の高級車を選ぶことで、新車価格の高級車を手に入れることも可能だからです。

見栄を張って車を購入した結果、後悔するパターン

見栄を張って車を購入した結果、後悔するパターンについてみていきます。

車を見栄で買って後悔するパターンとは?

見栄を張って車を購入した結果、後悔するパターンは主に以下の2つです。

  1. 車は単価が高く、購入すると月々のローンが発生する。
  2. 車の維持費は大きな負担になる。

なぜなら、車の購入は大きな財政的負担となるからです。

特に、見栄を張って高級車を購入した場合、そのローン返済や維持費は一層の負担となります。

例えば、KINTOが行った「新車の機能・スペックに関する後悔調査」によれば、新車を購入した後に何らかの後悔を感じた人が約50%いたとのことです。

後悔の理由として最も多かったのは「追加で機能・装備が欲しくなった」(46.8%)で、次いで「新型が発売されて欲しくなった」(22.5%)、「燃費が悪かった」(15.3%)と続きました。

車の維持費は大きな負担になる

多くのオーナーさんはご存知だと思いますが、車の維持費は大きな負担になります。

特に、高級車は維持費が高く、それが後悔の一因となることがあるでしょう。

車の維持費にはガソリン代、保険料、税金、定期的なメンテナンス費用などが含まれます。

これらの費用は車の種類や使用頻度によりますが、一般的に高級車ほど維持費は高くなりますので、高級車を購入したものの、その維持費の高さに後悔する人も少なくありません。

特に、見栄を張って購入した高級車の維持費は、予想以上に高く、その負担が後悔の原因となることがあります。

身の丈に合った車の選び方と年収別の車選びの目安

身の丈に合った車の選び方と年収別の車の選び方について具体的にみていきます。

世帯収入から考える車代の目安

一般的に、車の購入価格は年収の半分以下が目安とされています。

これは、車の購入だけでなく、維持費や保険、税金などのコストも考慮に入れた上での目安です。

また、同じ年収でも生活環境や家計の状況により、車に使えるお金は変わります。

例えば、都内で一人暮らしと地方で実家暮らしでは、車に使えるお金は大きく異なるでしょう。

年収150万のにおすすめの車

年収150万円の場合、車の購入価格は75万円以下が目安となります。

この価格帯になると現実的には中古の軽自動車やコンパクトカーが選択肢となります。

また、維持費を抑えるためにも、できるだけ燃費の良い車や整備のしやすい車を選ぶと良いでしょう。

多くの20代の身の丈に合う車

20代の年収は、初任給から数年で徐々に上がっていくため、一概には言えませんが、平均的な年収は300万円程度と言われています。

そのため、150万円以下の車が適切でしょう。

新車の軽自動車や、中古のコンパクトカーが適しています。

また、20代は車の運転に慣れていないことも多いため、安全装備が充実した車を選ぶと良いでしょう。

年収400万に選ばれるおすすめの車

年収400万円の場合、車の購入価格は200万円以下が目安となります。

この価格帯では、新車のコンパクトカーから中型車、あるいは年式の古い中古の高級車も選択肢に入るでしょう。

年収500万に選ばれるおすすめの車

年収500万円の場合、車の購入価格は250万円以下が目安となります。

この価格帯では、新車の中型車やSUV、あるいは中古の高級車が選択肢に入るでしょう。

年収600万に選ばれるおすすめの車

年収600万円の場合、車の購入価格は300万円以下が目安となります。

この価格帯では、新車の中型車から高級車、あるいは中古の高級車が選択肢に入るでしょう。

年収700万に選ばれるおすすめの車

年収700万円の場合、車の購入価格は350万円以下が目安となります。

この価格帯では、中古車の高級車やSUVが選択肢に入るでしょう。

 

以上のように、年収に応じて適切な車の選び方があります。

しかし、これはあくまで目安であり、生活環境やライフスタイルにより適切な車は変わります。

また、車の購入だけでなく、維持費や保険、税金などのコストも考慮に入れて車を選ぶことが重要です。

見栄を張らない!後悔しない車は?

ここまでお伝えしてきた通り、車の購入は安い買い物ではありません。

また、一度車を買ったら維持費が発生します。

この維持費は高級車になるほど大きな出費になりますので、見栄を張らず身の丈に合った車を購入することで後悔することは少なくなると思います。

具体的にみていきます。

思い込みを捨てる!

後悔しない車選びの一つのポイントは、自分自身の思い込みを捨てることです。

例えば、「高級車に乗らなければ成功者とは言えない」といった思い込みは、自分自身を無理な経済的負担に追い込む可能性があります。

車はあくまで移動手段の一つであり、その価値は所有者の生活スタイルや価値観によって大きく変わります。

見栄を張らない!

車選びで大切なことは、自分自身のライフスタイルや経済状況に合った車を選ぶことです。

見栄を張って無理に高級車を購入したとしても、それが生活を苦しくするだけでなく、本来の車の楽しみ方を奪ってしまう可能性があります。

自分にとって必要な機能や性能を持った車を選ぶことが、長期的に見て最も満足度の高い選択となります。

親から貸してもらう

特に若い世代の場合、親から車を貸してもらうという選択肢もあります。

これにより、車の購入費用や維持費を大幅に抑えることが可能です。

ただし、これは親の経済状況や家族間の関係によりますので、必ず事前に相談することが重要です。

車を所有しない!

また、車を所有しないという選択肢もあります。

都市部では公共交通機関が発達しており、車がなくても生活することは十分可能です。

また、カーシェアリングなどのサービスも増えてきており、必要なときだけ車を利用するという選択肢も増えています。

リセールバリューを考える!

車を購入する際には、その車のリセールバリュー(再販価格)を考慮することも重要です。

一部の高級車や希少な車種は、使用後も高い価格で売却することが可能です。これにより、車の維持費を抑えることが可能となります。

以上のように、後悔しない車選びは、自分自身のライフスタイルや経済状況をしっかりと考え、見栄を張らず、リセールバリューを考慮した上で行うことが重要です。

見栄っ張りな貧乏人のための車の維持費を安くする方法とおすすめの車選び

ここでは、できるだけ維持費を安くする方法と車選びについてみていきます。

貧乏な人のための車の維持費を安くする方法

車の維持費を抑えるためには、定期的なオイルチェンジ、適切な運転習慣の維持、タイヤの空気圧のチェック、高品質な部品の使用などが重要です。

車の維持費は、車の所有者にとって大きな負担となることがありますが、以下のような方法でこれらのコストを抑えることが可能です。

  • オイルチェンジ: 適切なエンジンオイルを使用し、定期的にオイルを交換することで、エンジンの過熱やスラッジの形成を防ぎ、車の性能を維持することができます12
  • 適切な運転習慣: 急発進や急ブレーキなどの悪い運転習慣は、車の部品に過度な負荷をかけ、早期の故障を引き起こす可能性があります3
  • タイヤの空気圧チェック: タイヤの空気圧が適切でないと、燃費が悪化し、タイヤの摩耗も早まります3
  • 高品質な部品の使用: 安価な部品を使用すると、その寿命が短くなり、頻繁に交換が必要になることがあります。高品質な部品を使用することで、長期的にはコストを抑えることができます4

例えば、エンジンオイルの定期的な交換は、エンジンの寿命を延ばし、大きな修理費用を避けることができます。

また、適切な運転習慣を維持することで、ブレーキパッドやタイヤなどの消耗品の寿命を延ばすことができます。

貧乏だけど見栄っ張りな人は大衆車を選んでいる

貧乏だけど見栄っ張りな人は、コストパフォーマンスの良い大衆車を選ぶ傾向があり、車を所有すること自体がステータスと感じることが多いです。

そのため、高級車を持つことよりも、コストパフォーマンスの良い車を持つことを優先する傾向があります。

自分は貧乏だと思う方におすすめの車の購入方法

貧乏だと自覚している人にとって、中古車の購入や、信頼性の高い低価格の新車の購入がおすすめです。

貧乏だと自覚している人は、新車を購入すると、車の価値が急速に減少するデプリシエーションの影響を大きく受けます。

そのため、中古車の購入や、信頼性の高い低価格の新車の購入がおすすめです。

例えば、スバル・アウトバックやフォレスターは、信頼性が高く、オフロード性能も優れているため、低所得者におすすめの車とされています。

結局のところ維持費を抑えるためには、定期的なメンテナンスと適切な運転習慣が重要です。

また、コストパフォーマンスの良い車を選ぶことで、車の所有自体を楽しむことができます。

さらに、中古車の購入や信頼性の高い低価格の新車の購入は、貧乏だと自覚している人にとって、賢い選択となります。

見栄っ張りな貧乏人の車選びに関するまとめとQ&A

ここまでお伝えした内容をQ&A形式でまとめてみます。

見栄っ張りな貧乏人ほどローンで高級車を買う?まとめ

見栄っ張りな貧乏人がローンで高級車を購入する傾向があると言われています。

しかし、それは一時的な満足感を得るための行動であり、長期的な視点では経済的な負担が増えるだけでなく、自身の生活を苦しくする可能性があります。

そのため、自分の収入に合った車を選ぶことが重要です。

Qひと昔前は良い車に乗ることはステータスでしたが今この考えは時代遅れですか?

良い車に乗ることがステータスであるという考え方は、一部の人々の間ではまだ存在しますが、近年では車の所有そのものよりも、その使用方法やライフスタイルに合った選択が重視される傾向にあります。

また、環境問題への意識の高まりから、エコカーを選ぶ人も増えています。

Qボロイ車に乗っている人は恥ずかしくないのですか?

車の価値はその見た目だけで決まるものではありません。

ボロイ車に乗っている人が恥ずかしいと感じるかどうかは、その人の価値観によります。

車をただの移動手段と考え、他の生活の質を向上させるために資金を使いたいと考える人もいます。

Q金持ちなのにボロい車に乗っている人がいます。なぜですか?

金持ちであってもボロい車に乗る理由は様々です。

一部の富裕層は、車に多くのお金を使うことは無駄と考え、その資金を他の投資や趣味に使うことを選ぶことがあります。

また、地味な生活を好む人や、車に興味がない人もいます。

Q貧乏なのになぜ高級車のレクサスに乗れるのですか?

収入だけでは高級車に乗れるかどうかは決まらないと言われています。

平均的な収入でも、購入後の維持費を考慮に入れて計画的に購入すれば、レクサスのような高級車に乗ることは可能です。

ただし、そのためには他の生活費を削る必要があるかもしれません。

Q投資価値のある車はどのようなものですか?

投資価値のある車とは、その車が将来的に価値を保つか、あるいは価値が上がる可能性がある車のことを指します。

例えば、限定モデルや希少な車種、特定の古い車(クラシックカー)などは、その希少性から投資価値があるとされます。

しかし、車の価値は市場の需要と供給によって大きく変動するため、投資として車を購入する際には十分な知識と理解が必要です。

まとめ

見栄っ張りな貧乏人が選ぶ車は、しばしば高級車やブランド車で、その購入にはローンを利用することが多いです。

しかし、その結果として生じる経済的な負担は大きく、後悔するケースも少なくありません。

見栄っ張りな貧乏人が車を選ぶ際には、購入費用だけでなく、維持費やランニングコストも考慮する必要があります。

また、自分の経済状況に合った車を選ぶことが、後悔しない車選びにつながります。

特に重要な部分

  • 高級車やブランド車はステータスシンボルとされ、見栄を張るために選ばれることが多い。
  • 車の購入費用だけでなく、維持費や保険、税金などのランニングコストも高くなります。
  • 貧乏人が高級車を購入すると、これらの費用を捻出するために他の生活費を削る必要が出てきます。
  • 自分の経済状況に合った車を選ぶことが、後悔しない車選びにつながります。

 

新車を限界値引きから更に安く購入する方法!

新車を新車で購入する時、「出来るだけ安く購入したい!」と思いませんか?

新車も安全装備の充実等により軽自動車でも車両本体価格が約200万円超が珍しくなくなっています。

だからこそ、出金を減らしたいと思うのも無理はありません。

例えば、出金を減らす手段として思い浮かべるものは「値引き」ではないでしょうか?

確かに値引き額が大きくなればなるほど出金を減らすことは出来ます。

しかし、人気車の値引きは各メーカーともに大きくありません。値引かなくても売れますからね。

だからといって、諦める必要はありません。

方法はあるのです。

知っている人は「なんだあの方法か!」と思うかもしれませんが、知らない人にとっては「そんなに違うの?」というものです。

詳細を下記の記事で説明していますので確認してみて下さい。

>> 詳細はこちらからご確認頂けます

一度、知っている方法か確認してみても損することはありませんよ!

 

>>  目次ページに戻る