アルファードはなぜ下品と言われるの?理由をチェック!

車選びは、性能や価格だけでなく、そのデザインやブランドイメージによっても大きく左右されます。

中には、社会的なステータスを象徴するような高級車もありますが、一方で「下品な車ランキング」として語られることもあるのです。

まさにアルファードがそれでは、見た目や所有者のイメージによって、時として厳しい評価を受けることがあります。

ここでは、アルファードの下品と言われがちな内外装を確認し、口コミで「下品」という評価がどんなものかを見ていきます。

とはいえ「下品」という評価だけではありませんので、ポジティブな口コミチェックし、アルファ―ドが本当に下品なのか、総合的に考えていきましょう。

アルファード-記事一覧

  • アルファードが「下品」と言われる理由とその背景を口コミでチェック
  • 口コミをベースに下品と言われる理由を分析
  • ポジティブな口コミもチェック
  • 本当に下品なのか、総合的に検討

アルファードはどう下品と言われている?

アルファード 下品

最初は、アルファードが下品と言われがちなスタイリングや内装をチェックし、アルファードはどう下品と言われているのかを口コミから見ていきます。

  1. スタイリングや内装をチェックする
  2. 口コミでの評価は?

スタイリングや内装をチェックする

まず、アルファードのスタイリングや内装をチェックしていきましょう。

アルファードはその目を引くデザインで知られています。

特に、フロント部分の大規模で目立つグリルは、アルファードの象徴的な特徴であり、その大胆なスタイルは一部の人々にとって「派手すぎる」と映ることがあります。

このようなデザインは、しばしば社会的地位や富の象徴と見なされ、一部からは敬遠される理由にもなっています。

エクステリア

実際のエクステリアを見ていきましょう。

20系アルファード

前期 後期

引用元:https://global.toyota/jp/

前期と比べて後期はかなり迫力が増していることがわかります。

30系アルファード

前期ノーマルボディ 後期ノーマルボディ
前期エアロボディ 後期エアロボディ

引用元:https://global.toyota/jp/

特徴的なフロントグリルで20系と比べると一気に存在感と迫力を増しています。

後期はフロントグリルがさらに大きくなり、ヘッドライトもシャープになって押し出し感が強くなっていますね。

40系アルファード

引用元:https://toyota.jp/alphard/

40系は30系で好評だったデザインをしっかり継承し、さらに迫力を増しています。

こうしたオラオラ顔とも言われるフロントのデザインはアルファードの大きな特徴なのです。

公的な下品な車ランキングはありませんが、みんなのランキングで「いかつい車ランキング!最も近寄りがたい車種は?」というものがあります。

https://ranking.net/rankings/most-rugged-cars
1位がフォード マスタングということで傾向はわかると思いますが、上位は外車が多く、スポーツカーやSUVが並ぶ中で、アルファードは堂々の19位なのです。
おそらくミニバンとしては最上位ですから、フロントのいかつさがわかるというものです。

インテリア

内装に関しても、アルファードは高級感を重視しています。

使用されている材料は質感が高く、見た目にも豪華ですが、これがいくつかの意見では「過剰な装飾」として評価されることもあります。

広々とした室内空間に、高品質の革や木目調パネルが使用されており、一部にはこの豊かな装飾が下品に映ると感じる人もいます。

実際の40系アルファードの内装を見ていきましょう。

引用元:https://toyota.jp/alphard/

運転席だけでなく、後部座席も極めてデラックスなことがわかります。

このような内装と外装のデザインが、アルファードが持つ「下品」というイメージの一因となっていると考えられます。

口コミでの評価は?

次は、口コミでの評価はどうかです。

ここでは、「下品」と評価している口コミをピックアップしますが、これがかなりの数に上るのです。

スタイリング

スタイリングが「下品」という口コミです。

  • あの巨大なフロントグリルは街中で見ると下品さが際立って、目立ちたがり屋の象徴のよう
  • これだけ派手な車に乗ってると、どうしても「見てくれ」重視の成り金に見える
  • 大きさと派手なメッキが際立ちすぎてかなり下品で、もう少し控えめがいい
  • 明らかにセンスを疑うレベルの派手さはどこへ行くにも浮いてしまう
  • 全体的にギラギラしすぎていて、高級感よりも悪趣味さが前面に出ている

ここで言われているのは「派手過ぎ」「やりすぎ」いったところでしょうか。

内装

内装が「下品」という口コミです。

  • 内装も金ピカで、高級を装っているけど、見栄っ張りにしか見えない
  • 豪華さを誇示したいのだろうけど、内装の派手さは逆に安っぽさを感じさせる
  • あれだけ内装に凝っても、結局は乗ってる人の品が問われる
  • デコレーションが過多で逆にチープな感じが否めない
  • レザーシートに至るまで派手で、高級車ではなくカラオケボックスのVIPルームのよう

過剰な豪華さは逆に下品ということでしょうか。

所有者のイメージ

所有者のイメージが「下品」という口コミです。

  • アルファードに乗ってる人を見ると、どうしても新興の小金持ちか貧乏人が無理してるイメージ
  • 若造が親の金でドヤ顔で乗ってるパターンをよく見るが、自分で稼いで買った車じゃないんだろう
  • あんな大きな車を一人でドライブしてると、ただの無駄づかいにしか見えない
  • アルファードに乗る人の運転マナーの悪さは有名で、横暴運転が目立つ
  • アルファード乗ってる人は見栄を張ってるだけで、本当にリッチな人はもっと控えめでシックな車に乗ってる
  • 無理して借金して買ってどや顔しているところがたまらなく下品

見栄張って買っていると見透かされているというか、そう思われていますね。

特に若い人が乗っていると、ひがみも混じっているのか、手厳しい意見が多いようです。

アルファードが下品と言われている理由は?

アルファード 下品

ここでは、アルファードが下品と言われている理由を口コミから分析していきます。

また、「下品」とは逆の口コミも見ながら、アルファードは本当に下品なのかを考えていきます。

  1. 口コミの評価を分析する
  2. 本当に下品なの?

口コミの評価を分析する

まず、口コミの評価を分析して、なぜアルファードが下品と言われるかを考えてみましょう。

アルファードに対する口コミを分析すると、その「下品」とされる理由は、大きくは以下の5点に分類されると思います。

過剰な外観デザイン

アルファードが持つ巨大なフロントグリルや豪華に装飾されたメッキパーツは、その大胆なデザインが一部からは「派手すぎる」と捉えられています。

その派手さはヤンキーと言われる層の好みに合い、また、トヨタもそこも狙っているようですが、人によっては派手過ぎるのかもしれません。

また、社会的地位や富を過度に誇示している認識されされることがあり、これも「下品」という印象を与えます。

このような外観は、抑制が効いていないと見なされ、品のない印象を与える原因となっているようなのです。

 豪華過ぎる内装

アルファードの内装は高級感を意識して豪華な素材や装飾が施されていますが、この過剰な装飾が「下品」と感じさせる要因の一つとなっています。

特に金属やレザーの使用が目立つことで、一部には不必要なほどの豪華さと認識されています。

要するに、車の内装としては過度の豪華さ、そして豪華さを誇示しているところを「下品」と取られているのです。

 所有者の社会的イメージ

アルファードを選ぶユーザーが持つ社会的イメージも、「下品」という評価に影響を与えています。

一部の人々はアルファードの所有者を「新興富豪」や「見栄を張る層」と見なし、その結果、車自体もそのようなイメージで認識されることがあるのです。

また、若者が乗っていると、親の金で乗っているとか、貧乏人が無理して買って、どうせヤンキーだろうなんて言われるのです。

社会的認識とのギャップ

アルファードはそのサイズと価格から「成功者の車」というイメージを持つ人も多いのは確かです。

その一方で、運転マナーが悪いというネガティブな評価を受けることもあり、これが「下品」というレッテルにつながっています。

また、大きな車体が一人で使用される場合、「無駄づかい」と認識されることもあります。

買えない者のジェラシー

口コミを見ていて感じるのは、背景にある買えない者のジェラシーです。

アルファードに魅力を感じ、心の中では欲しいと思っているからこそ、オーナーのことをネガティに見てしまうのかもしれません。

貧乏人が無理してとか、成り金がとか、運転マナーがなってない、無駄に豪華というのはうらやましさの裏返しの可能性もあるのです。

本当に下品なの?

次は、本当に下品なのかです。

口コミでも上品という意見はある

アルファードに対する評価は一様ではなく、みんながみんな下品と思っているわけではありません。

かなりのユーザーは、その豪華な内装や機能性を高く評価しており、実際に以下のようなポジティブな口コミが見られます。

  • 流れるようなボディラインが本当に上品で、高級感が漂う
  • メッキが効いたフロントグリルがゴージャスで、存在感が際立つ
  • 内装の仕上がりが非常に繊細で、まさ高級車の趣
  • フロントデザインは端正で、洗練された印象
  • 光る装飾が施された内装は、他の車とは一線を画すゴージャスさ
  • フロントのダイナミックなデザインが上品さと力強さを兼ね備ねとても魅力的
  • 室内の細部にわたる高級感が、他のミニバンとは一線を画している
  • ボディの大きさが高級感に寄与しており、ゴージャスな外観が魅力の一つ
  • メッキの使用が派手過ぎず上品で、品のある外観をつくりだしている
  • 豪華な内装とエレガントな色使いがアルファードをより上品に見せている
  • いろんなことを言う人がいるが、アルファード乗りはたいていは紳士

下品と言うけどアルファードには多様な見方がある

アルファードに対する「下品」という評価は、一部の人々からの主観的な見解であり、車両の外観や所有者に対するステレオタイプに由来することが多いようです。

しかし、アルファードが持つ多様な魅力を理解すれば、また、前述の口コミをポジティブな見ればこの車に対する全く異なる評価が存在することが明らかになります。

多様な魅力と実用性

アルファードはその広々とした室内空間、上質な乗り心地、先進の安全技術を備えているため、家族利用やビジネス用途に非常に適しています。

これらの機能性は、特に多くの乗客や荷物を運ぶ必要があるユーザーにとって、非常に価値があるものです。

社会的地位の象徴

アルファードは一部の層にとっては、社会的成功の象徴としての役割も果たしています。

その派手で目立つデザインは、所有者が成功を手に入れた証として周囲に認識されることを望んでいることを示しているかもしれませんが、成功の証であることは間違いありません。

豪華な内装と快適性

内装においても、アルファードは高級感あふれる素材と精緻な作りで知られています。

快適なシート、広々としたレッグルーム、静粛性の高いキャビンは、品のあるなしを超えて、長距離の移動でも疲れにくい環境を提供します。

市場での継続的な人気

市場での持続的な人気も、アルファードが単なる「下品な車」とは異なる多面的な価値を持っていることを示しています。

多くの顧客がそのデザインや機能に魅力を感じ、広く選ばれているのです。

メディアでの評価

専門の自動車評論家やレビューサイトでも、アルファードはその機能性やデザインで高い評価を受けています。

これらの評価は、一部での「下品」というレッテルを超えた、車としての実質的な価値を反映しています。

 

このように、「下品」という一面的な見方にとどまらず、アルファードが持つ多様な価値と魅力を考慮することが重要です。

個々のニーズや価値観によって、この車がどのように評価されるかは大きく異なるでしょう。

総括:アルファードはなぜ下品と言われるの?理由をチェック!

この記事でお伝えしたポイントを箇条書きでまとめました。

  • アルファードの外観デザインはモデルチェンジ、マイナーチェンジのたびに攻撃的になっている
  • 内装は豪華で高級感あふれる素材が使用されている
  • 外観は派手過ぎ、内装は豪華すぎて成り金趣味で下品という評価も
  • 乗っている人は成り金や借金で無理をしているイメージで、運転マナーも悪いという印象
  • 一方で、下品ではないというポジティブな口コミも多い
  • 下品というのはアルファードやオーナーに対するステレオタイプに由来する場合が多いが、実際の評価は多様

 

アルファードを限界値引きから更に安く購入する方法!

アルファードを新車で購入する時、「出来るだけ安く購入したい!」と思いませんか?

アルファードも安全装備の充実等により最上級グレードの車両本体価格が約872万円とかなりの高額になっています。

だからこそ、出金を減らしたいと思うのも無理はありません。

例えば、出金を減らす手段として思い浮かべるものは「値引き」ではないでしょうか?

確かに値引き額が大きくなればなるほど出金を減らすことは出来ます。

しかし、人気車の値引きは各メーカーともに大きくありません。値引かなくても売れますからね。

だからといって、諦める必要はありません。

方法はあるのです。

知っている人は「なんだあの方法か!」と思うかもしれませんが、知らない人にとっては「そんなに違うの?」というものです。

詳細を下記の記事で説明していますので確認してみて下さい。

>> 詳細はこちらからご確認頂けます

一度、知っている方法か確認してみても損することはありませんよ!

 

>>  目次ページに戻る