アルファードの大型コンソールってどんなもの?後付けは可能?

アルファードは高級車ということもあり内装も豪華で、特に大型コンソールボックスはその魅力を一層引き立てます。

新車時には高価なグレード等にしか付いてなかったこれらのコンソールも、その豪華さから後付けしたくなりますよね。

そして、それはネットでの話題にもなっています。

ここでは、アルファード20系、30系、40系の大型コンソールをまず紹介します。

そのうえで、それぞれの大型コンソールが後付けできるのかを説明していきましょう。

大型コンソールの後付けで、アルファードがぐっと豪華になりますが、それは可能なのでしょうか。

一番需要の多い30系は経費と難易度も説明していきます。

  • アルファードの各シリーズ(20系、30系、40系)の大型コンソールの特徴
  • 大型コンソールのグレードごとの違い
  • アルファードの各シリーズ(20系、30系、40系)の大型コンソールの後付けが可能か
  • 一番ニーズの多い30系での後付け費用はと難易度は?

後付けが話題のアルファードの大型コンソールってどんなもの?

アルファード 大型コンソール 後付け

最初に、後付けが話題のアルファードの大型コンソールはどんなものかを、20系、30系、40系それぞれで説明していきましょう。

  1. 20系の大型コンソールとは?
  2. 30系の大型コンソールとは?
  3. 40系の大型コンソールとは?

20系の大型コンソールとは?

まず、20系の大型コンソールとはどんなものかです。

20系アルファードの大型コンソールは、ハイブリッドモデルだけに搭載されています。

これにより、高い機能性と洗練されたデザインが融合されているのが特徴です。

具体的には、DC12Vのカーアクセサリー用コンセント、USB端子、家庭用のAC100Vコンセントが装備されており、現代のニーズに応えるための便利な機能となっています。

ハイブリッド車 ガソリン車

引用元:https://manual.toyota.jp/alphard/

見た目はこんな感じです。

引用元:https://www.goo-net.com/catalog/TOYOTA/ALPHARD_HYBRID/10072135/

これらの機能は、長時間のドライブなんかでデバイスの充電が必要な場面で非常に役立ちます。

豊富な収納スペースと高級感あふれる素材の使用により、車内の雰囲気が一層洗練され、快適なドライビング環境を提供します。

何よりも、豪華さが全く違うのです。

このハイブリッド車だけの大型コンソールがある理由なのですが、ハイブリッド車はこの下に駆動用バッテリーがあるからなのだそうです。

30系の大型コンソールとは?

次に、30系の大型コンソールとはどんなものかです。

30系アルファードの大型コンソールは非常にゴージャスで、アルファードの高級感を醸し出しています。

引用元:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/21800077.html

進化した技術的機能もあるのですが、とにかくゴージャスです。

この大型コンソール、グレードによって写真の木目部分の加飾が変わってくるのですが、ガソリン車のX、S、S’Aパッケージでは、質素なスタンダードコンソールが採用されていて、大きな違いがあります。

大型コンソール スタンダードコンソール

引用元:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/21800077.html

ハイブリッドのベースグレードの大型コンソールは加飾のないスタンダードタイプですが、それでもガソリン車と比べれば圧倒的に豪華です。

大型コンソールはリアエンドボックスも付いているので収納力も圧倒的なのです。

ちなみに、特別仕様車のタイプゴールドのガソリン車はハイグレード(金属調加飾+メタルウッド)とはいえ大きさはスタンダードで大型ではありません。

引用元:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/32256487.html

40系の大型コンソールとは?

次は、40系の大型コンソールとはどんなものかです。

最新の40系アルファードでは、大型コンソールとは言わず「センターコンソールボックス(両側オープン/照明付)」と称しています。

しかし、明らかに豪華な大型コンソールです。

引用元:https://toyota.jp/alphard/

これが現行の全グレードに標準装備されていますが、エグゼクティブラウンジ以外は合成皮革巻きではありません。

引用元:https://kinto-jp.com/magazine/k20230724-1/

少しだけ豪華さは落ちますが、十分に豪華ですね。

ちなみに、サイドリフトアップチルトシート装着車のグレードはGですが、これにも大型コンソールが付いています。

今後投入される可能性のある廉価グレードはおそらくGですから、同様の大型コンソールが搭載されることが予想されます

ということは、40系アルファードの場合、全部大型で、グレードによる大きさの違いはないのかもしれません。

アルファードの大型コンソールは後付けできるの?

アルファード 大型コンソール 後付け

ここでは、アルファードの大型コンソールは後付けできるのかを、ここでも20系、30系、40系それぞれ説明していきます。

  1. 20系の後付けは?
  2. 30系の後付けは?
  3. 40系の後付けは?

20系の後付けは?

まず、20系の大型コンソールの後付けはできるかです。

数は少ないのですが、ガソリン車にハイブリッド車の大型コンソールを付けたという事例はあるようです。

https://minkara.carview.co.jp/userid/3264392/car/2953603/10535387/parts.aspx

もともとガソリン車に付けることは想定外なので、この事例では純正コンソールを外してエーモンのステーで取り付けているようです。

30系の場合は結構な経費と手間がかかるのですが、それほど費用はかからないのかもしれませんね。

ちなみに、30系のように大容量のコンソールが手に入るわけではありません。

20系の大型コンソールはハイブリッド車用なので、下の方はバッテリースペース、ガソリン車に付けると空洞になってしまうのです。

それでも見た目は最高ですね。

30系の後付けは?

次は、30系の大型コンソールの後付けはできるかです。

これについては事例はそれなりにありますので、できるというのが答えです。

ただ、今付いているコンソールを外して付ければいいというわけではありません。

そんな後付けキットはないのです。

ディーラーで発注するのですが、どのパーツが必要か、発注部品の洗い出しをする必要があるのです。

もちろん自分でできるわけがありませんので、ディーラーのメカの方の全面的な支援が必要になります。

パーツもコンソール本体に加え、固定用のパーツ゚や配線類さらにはカーペットの処理も必要なのです。

パーツ代だけで15~20万円かかるようで。この方の場合は定価でざっと20万円です。

https://minkara.carview.co.jp/userid/180165/car/2746160/5553863/note.aspx

コンソールが60,500円、リアエンドパネルが27,500円ということで、本体パーツが高いのですが、フロアカーペットだって3万円超です。

工賃を入れれば25~30万円くらいかかるかもしれません。

というのも、この動画を見てもとんでもなく大変な作業なのです。

見ればわかりますが、1列目は両側のシートを外しての大作業です。

よほどのスキルがない限り、DIYなんか不可能だということがおわかりいただけ得ると思います。

この作業、ディーラーに頼んでもやってくれない可能性がありますので、やってくれるところを探すのが大変なようです。

とはいえ、施工してくれるところは間違いなくあるようなので、後付けするという決意が本物なら、本気で探してみてもいいかもしれませんね。

40系の後付けは?

次は、40系の大型コンソールの後付けはできるかです。

40系の場合はすべて同じ大きさのコンソールなので、後付けする意味があまりありません

ただ、エグゼクティブラウンジのコンソールは合成皮革巻きなので、移植する意味はなくはありません。

事例は皆無ですが、規格は同じなので、パーツさえ入手できれば30系に比べれば比較的簡単に後付けできそうです。

しかし、パーツ代はどう見ても30系より高価でしょうし、いろんな配線も入っているので、難易度自体も不明です。

総括:アルファードの大型コンソールってどんなもの?後付けは可能?

この記事でお伝えしたポイントを箇条書きでまとめました。

  • アルファードの大型コンソールは豪華さと機能性を提供
  • 20系では駆動用バッテリーの上に装備するハイブリッドのみの装備
  • 30系ではベースグレード以外の装備で、グレードによって加飾が違う
  • 40系では全グレード大型のコンソールで、上級グレードは合成皮革巻き
  • 20系はハイブリッド車用の大型コンソールをガソリン車に装着可能
  • 30系は装着可能だが、経費が25~30万円かかり、ディーラーに頼んでもやってくれない場合も
  • 40系は後付けは不要だが、上級グレードの合成皮革巻きへの交換はあり得る

 

アルファードを限界値引きから更に安く購入する方法!

アルファードを新車で購入する時、「出来るだけ安く購入したい!」と思いませんか?

アルファードも安全装備の充実等により最上級グレードの車両本体価格が約872万円とかなりの高額になっています。

だからこそ、出金を減らしたいと思うのも無理はありません。

例えば、出金を減らす手段として思い浮かべるものは「値引き」ではないでしょうか?

確かに値引き額が大きくなればなるほど出金を減らすことは出来ます。

しかし、人気車の値引きは各メーカーともに大きくありません。値引かなくても売れますからね。

だからといって、諦める必要はありません。

方法はあるのです。

知っている人は「なんだあの方法か!」と思うかもしれませんが、知らない人にとっては「そんなに違うの?」というものです。

詳細を下記の記事で説明していますので確認してみて下さい。

>> 詳細はこちらからご確認頂けます

一度、知っている方法か確認してみても損することはありませんよ!

 

>>  目次ページに戻る